クラウドの目指す「あるべき姿」:シームレス・コンピューティング

斎藤昌義(さいとう まさのり) 2009-12-09 12:09:46

 先月、マイクロソフトは、クラウド・コンピューティング(PaaS)のプラットフォームとして、Windows Azure Platformを発表した。このWindows Azure Platformの肝(きも)は、オンプレミスとクラウドをひとつのプラットフォームとて一体化することである。これについては、「Windows Azureに垣間見るマイクロソフトのしたたかな戦略」に書かせていただいたので、よろしければご覧いただきたい。

 さて、このタイミングでもうひとつ、これからのマイクロソフトのクラウド戦略を読み解く上で、ひとつの重要な発表がなされている。それが、Silverlite 4である

 Silverliteが何かをご存じない方もいらっしゃるだろうから、簡単に解説しておこう。

 これは、アドビの提供するFlushやAirに相当するもので、アニメーション、ベクターグラフィックスの表示や音声・動画再生などの機能を備える、いわゆるリッチインターネットアプリケーション (RIA) のプラットフォームである。

 ちなみにアドビのFlushも、Silverliteも、ブラウザーのプラグインとして、ブラウザーに閉じ込められた形で動作する。

 これに対して、Airは、Flushの技術をベースにブラウザー機能を内蔵している。つまり、ユーザーからは、ブラウザーを立ち上げたり、意識する必要がない。当然、ユーザーは、そのアプリケーションが、ネットのリソースを使っているのか、ローカルPCのリソースを使っているのかも意識することはない。

 今回発表されたSilverlite 4は、このAirに相当する機能も取り込むことを表明した。

 つまり、AirもSilverliteも、ともにユーザーから見れば、そのアプリケーションの動作をローカルなのか、クラウドなのかを意識させないクライアント環境の実現を狙っていることになる。

 また、両者ともに、マルチプラットフォームで動作することを宣言している。つまり、Mac、Linux、Windows、iPhoneのOS上にリッチインターネットアプリケーション・プラットフォームのレイヤーがかぶさり、OSを隠蔽してしまう。

 となると、AirやSilverliteで開発したアプリケーションは、OSの種類を意識することなく、共通のプログラム・コードを利用できるようになることも意味している。

 このように、Silverliteは、Windows Azure Platformで、サーバー環境について、オンプレミスとクラウドをひとつのプラットフォームとして一体化したように、クライアント環境を一体化することを狙ったものと考えることができるだろう。

 しかも、開発環境としては、ほぼデファクト化しているVisual Studio /.Net Frameworkが、そのまま使える。となると、その潜在的な開発パワーは、相当強大といえるだろう。

 Window7の評価が高い。また、chrome OSにも注目が浴びている。確かに、OSなくして、コンピューター・システムは、動かないわけで、なくなることはないだろう。しかし、クラウドが普及すれば、ハードウェア機能を効率よく、安全安心に動作させることのみを担うようになるのかもしれない。これは、Chrome OSの狙いと一致している。

 FireFoxの開発母体となっているMOZILAも同様のクライアントprismの開発を進めている。

 このような各社の動きを見ていると、これからのクラウド・アプリケーションの姿が見えてくる。

 つまり、クラウドというコンピューティング環境は、「どこか雲の上」のサーバーと、ローカルなサーバーやクライアントPCを別のものとして捉え、それを連携・組み合わせて利用するという考え方ではないということだ。

 雲の上と下を大きな単一のプラットフォームと捉え、アプリケーションを構築するという考えたに行き着くのではないか。

 クラウドとオンプレミスをシームレスなコンピューティング環境にする。これが、クラウド・コンピューティングが、目指している「あるべき姿」なのかもしれない

-------------------------------------------------------------------------

あなたも「ITソリューション塾」に参加しませんか?

2010年1月 第3期生 募集を開始します

 クラウドという言葉を知らない人はいないでしょう。しかし・・・

  • クラウドとSOA関係は?
  • 仮想化とクラウドとは、何がどう違うのでしょうか?
  • iPhoneは、なぜ最初のクラウド端末といわれているのでしうか?
  • MicrosoftとGoogleとAmazonの戦略の違いを説明できますか?
  • クラウドが、ユーザーの意思決定や仕事の仕方にどのような変化をもたらすのでしょうか?

・・・ あなたは、この質問に答えられますか?

 クラウド以外にも、国際会計基準仮想化グリーンITネットワーク・セキュリティなど、多くのキーワードが私たちの周りをにぎわしています。あなたは、その単語を知っているだけで、理解したつもりになってはいないでしょうか?

 言葉の断片をただ漫然と見渡しても物事の本質は見えてきませんまた、機能や特徴を理解するだけではなく、その課題やリスク、その背景が分らなければ、安心して使うことなどできません。これらを結びつけ、体系化して初めて、理解したといえるのです。

 このITソリューション塾は、

  • 毎週火曜日の夜18:30から20:30、計10回に分けて、ITソリューションに関わる重要なキーワードをテーマに解説します。
  • 分りやすく系的に整理するとともに、課題やビジネスの可能性についても掘り下げます。
  • メインテーマは、1時間程度、美しく、整理されたビジュアルを駆使したパワーポイントの資料と共に、解説します。また、その時々の最新の話題についても取り上げ、その意味や背景を30分程度で解説します。
  • 説明に使用したパワーポイントの資料は、そのままソフトコピーで差しげます。社内やお客さまへの説明資料や提案書に自由にお使いいただけます。
  • 営業、SEに関わらず、経営者やマネージメントの方々にもぜひご参加いただきたい内容です。

 詳しくは、こちらをご覧いただくと共に、メールにてお問い合わせください

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]