「信頼」という言葉の重み

斎藤昌義(さいとう まさのり) 2010-09-11 10:39:58

 「お客様と親しくなること。相談される、信頼される営業になりたいと考えています。」 

 ある新入社員研修の冒頭、「どんな営業になりたいと思いますか?」という質問に、こんな答えが返ってきました。 

 「そうだよね、そんな営業になりたいよね・・・」と言ってあげたい気持ちはありましたが、あえてこんな回答をしてみました。 

 「確かに相談される、信頼される営業になることができれば、素晴らしいよね。じゃあ、どうすれば、そんな営業になれるのだろう? 

 笑顔で、親しく、誠実に・・・そんな、生易しいものじゃないと思うよ。 

 お客様に信頼されるというのは、あなたが、お客様を愛し、お客様のために汗して働き、命を懸けてお客様を成功へと導くこと。信頼されるためにではなく、お客様の成功を願い、真剣に取りくむ。そして、気がつけば、信頼という二文字がそこにある。そんなものだと思うんです。営業とは、そんな仕事です。あなたには、それができますか。」 

 彼女の目は、点になっていました。多分、自分は、模範的な回答ができたと、満足していたのかもしれません。 

 彼女ばかりではなく、ちょっと大げさではないかと思われる方も、いらっしゃるでしょう。では、是非、このビデオをご覧ください。きっと、稚拙な私の言葉ではとても表現することのできない、信頼の意味に気付いていただけるのではないかと思います。

 

  ITソリューション塾 [第5期]を開講します!

 塾に参加される方の多くは、ベテランの皆さんが多いようです。何人かの方と話をしてみました。どなたも優秀な方ばかりです。そんな方が、なぜ塾へ参加しようと思われたのでしょうか・・・多分、賢明な読者は、お分かりだと思います。

 あと、1〜2名は可能です。詳しくは、こちらをご覧ください(PDFにて詳細もダウンロードできます)。  

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]