アプライアンス・サーバーは皆を幸せにする

布谷恒和(Tsunekazu Nunotani) 2007-08-27 22:54:06

 あのネットバブル絶頂期の時代、「Cobalt」というLinuxベースのアプライアンス・サーバーがたくさん売れたのを、多くの方が記憶されていると思います。(※現在は生産・販売終了しています)

 Cobaltは確かにそのユニークでクールなデザインの魅力もありましたが、何といっても設置してから5分で使えるという手軽さが非常に便利なものでした。

 アプライアンスですので、勿論別のOSを入れなおしたり、別用途のサーバーとして転用することはできませんが、当時は大量のWebサーバー需要がありましたので、それはそれで利にかなっていたわけです。

 アプライアンス、ということで見れば、今現在ではWebサーバの他にも数多く存在し、あのGoogleの検索アプライアンスも含め、スパム対策などのセキュリティものやWebキャッシュなどバリエーションが増えてきています。

 ところでアプライアンス・サーバーの意義とは何でしょうか?

 教科書的に言えば、

・売り手(供給側)= 販売・保守のし易さ(単一用途、単一プラットフォームのため)

・買い手(購買側)= セットアップ時間の短縮、保守窓口の統一

となるでしょうか。併せて、バラバラに調達するよりも多くの場合、安価になると思います。

 そう、DIY的に言えば、「パッケージングされたキット」だと位置づければ、まさにDIYにぴったりの素材なのです。

 ここでは、さらにもう一歩、思考を進めましょう。

 アプライアンス・サーバーのもうひとつの意義、それは、「インストール・基本セットアップ」という単純作業にSEを関わらせなくてもよい(または派遣しなくても良い)、ということなのです。

 売り手側から見れば、決まったプラットフォームに決まったOS・アプリをインストールするという単純作業は、できれば自社の(特に優秀な)SEにはやらせたくないものです。

 ルーチンワークはSEそのもののモチベーションを下げますし、またマネージャも、部下にはクリエイティブな仕事をしてもらいたいと思っています。

 そして勿論、外注でもなく、イメージング・ツールやディプロイメント・ツールなどを使って、人間ではなくソフトウェアに作業をやってもらうべきです。(いや、IT産業全体のためにも、そうあるべきだと思っています)

 また買い手側から見れば、納期とコストの大幅節約につながります。特に裸のサーバに対して、もしベンダーのSEを派遣してもらってオンサイトでインストールすることにしたとしたら、どれぐらいのコストを払わなければいけないでしょうか?

 そうです、今やハードウェアよりも人件費のほうが高くつくのです。アプライアンス=事前にインストールされている、という風に見れば、ベンダーのSEを単純作業のために来てもらわなくても済む、ということになります。

 つまり売り手側、買い手側双方にとって、メリットのある製品、それがアプライアンス・サーバーそのものなのです。

 社内に必要なネットワーク関係のサーバーで、しかも将来的にも用途が変わらないものの調達をお考えでしたら、アプライアンス・サーバーをご検討してみてはいかがでしょうか?

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!