Red HatとJBossの「結婚」はハッピーエンドか、それとも…

opensource 2006-04-13 17:35:43

 Red HatがJBossを買収したというニュースには、正直言って驚いた。

 報道では、契約金のうち1億4000万ドルが現金で、2億1000万ドルがRed Hatの株式で支払われるという。また、JBossが一定の業績を達成した場合には、さらに7000万ドル相当の現金および株式が上乗せされるそうだ。

 同契約では、JBossの創立者であるMarc Fleury氏が同社を率いる立場に留まることが決まったが、これはIBMとの距離が縮まることをも意味している。これはFleury氏にとって「最高の状態」なのだろうか。同氏は今や、昨夏わたしと一緒に訪れたステーキハウスを買えるほどの金持ちだが、ほかのビジネス契約とは異なり、合併はそう簡単に消化できるような代物ではない。

 Red Hatにとって今回の買収は、日用品的なLinux製品からサービス指向アーキテクチャ(SOA)へ歩を進めていくための大きな足がかりになる。SOA分野においては、JBossのJavaベースミドルウェアが重要な要素となっているからだ。JBossは、すぐにでも株式公開できるまでの企業に成長している。

 わたしは、合併後もFleury氏は一定の自治権を獲得すると思う。同氏が進めてきたビジネスモデルは、「スター」的なプログラマに大きな責任を持たせて重用するというもので、Red Hatの方針とは明らかに異なる。ForresterはRed Hatが次に狙うのはデータベース企業(MySQLか?)だと見ており、買収のニュースが報じられたあとには、Red Hatの株価が9%も跳ね上がった(JBossも理論上は1900万ドルの利益を得たことになるが、譲渡された全株式には、一定期間の売却を制限するロックアップ条項が適用されている)。

 個人的には、Red Hatの計画がおじゃんになるか、Fleury氏の方がRed Hatを「喰う」ことになるのではないかと予測している。JBossのスター級プログラマを失うことはすなわち同社を失うことを意味し、Fleury氏はこうした事情をフル活用して、Red Hatから最大限の援助を引き出すことができるのだ。その気になれば、Fleury氏は職務を全うするのに十分すぎるほどのリソースや予算を確保できるだろう。そもそも、同氏は同じことを以前にもやっている。

 同様に、Red Hatの命運もFleury氏とその部下をどうやって扱うかということにかかっている。彼らとうまくやっていくのは非常に難しいかもしれないが、同社に多くの新しい観点をもたらしてくれる可能性はある。だが同時に、Red Hatを滅ぼしかねない存在でもあるのだ。

 そういう意味では、合併とは結婚とよく似ている。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!