業界トップのIBMと並び立つJBoss

opensource 2006-05-17 19:58:21

 インターネットが身近な存在になればなるほど、オープンソースの力は強くなる。

 Burton Groupが発表した報告書は、この仮説を裏付けるものだった。同報告書によれば、オープンソースの「JBoss」アプリケーションサーバは、ついにIBMの「WebSphere」と市場で互角に渡り合うまでの存在になったという。

 JBossが業界第一位であるとかないとか、第二位であるとかないとか、そんなことは、同製品の競争力がきわめて高いという事実に比べればほとんど意味がない。JBossは、エンタープライズ市場でも重要な同分野における、大きな可能性を持った選択肢なのだ。先の報告書にリストアップされている企業を見ると、ビジネスモデルに進化と変革が起こりつつあることがわかるだろう。BEA、Sun、Oracle、Novellといった企業はすべて、この競争に加わっている。

 GPLとは対照的に、オープンソースは漸進的なプロセスである。企業は、連続体であるオープンソースのどの部分に着眼してビジネスモデルを構築してもかまわないし、みずからの成長度合いに応じて、それを調節することもできる。オープンソース最大のメリットはまさにこの点にある。これは、コミュニティからの支援をメリットととらえる場合においてのみの話だが。

 ここはひとつ、進化するに任せてみるのがよいだろう。

 考え方が恐竜時代並に古いプロプライエタリモデルが滅びるであろうことはもちろんだが、鳥類の祖先である飛行型の恐竜は隕石衝突をも切り抜け、現在もわれわれと共存していることを忘れないでもらいたい。これもまた、人類が学ぶべき教訓なのだ。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR