編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Open Office」をモジラ傘下に入れるのはアリ?

opensource

2006-10-26 15:12

 「Firefox」の新版がリリースされた。(わたしが大きな信頼を寄せている同僚の)George Ou氏も、「Internet Explorer 7」に十分対抗できる製品だと高く評価している。

 「Open Office」と「Microsoft Office」にも同じようなことが言えたら、Linuxデスクトップユーザーとしてどんなにありがたいだろう。残念ながら、現状は違う。

 機能やドキュメンテーション、サポートといった面で、現在のOpen Officeは、Microsoft Officeより少なくとも10年は遅れている。手元にある最新版のOpenOffice 2.0とMicrosoft Office 97を比べてみて、あらためてそう思う。

 もっとも、これは特に驚くほどのことではない。おしなべてMicrosoft Officeは、数百ドルから、利用するアプリケーションの種類によっては1000ドル近くかかるが、Open Officeのダウンロードは無料なのだ。

 しかし、無料だからといって我慢できるレベルの差ではないとも思う。Open Officeは、プロプライエタリの競合製品に遠くおよばないどころか、ほかのデスクトップLinuxスイートにも大きく水をあけられている。Firefoxや「Thunderbird」はもちろん、「SeaMonkey」「Camino」「Sunbird」といったその他のMozillaアプリケーションと比較してみてほしい。

 僭越ながら、解決策を考えてみた。MozillaがOpen Officeを接収したらどうかと思うのだが、どうだろう?

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]