グーグルの独自路線はオープンソースそのものを成長させる

opensource 2007-08-08 16:05:49

 米国時間8月7日に報じられた「LinuxWorld」関連ニュースの中で最も大きく扱われたのは、Microsoftの「IIS」サーバが「Apache」に「迫りつつある」という一報だろう。

 だが、これは真実ではない。Apacheのシェアが落ち込んだのは、Googleが自社サーバを独自に手を加えたGoogle風Apache「Google Front End」サーバに切り替えたためだ。AJAXとサーバ側Javaをフル活用するGoogle Front Endは、ページの読み込みが高速化されている。

 Linuxのシェアも、同じ理由から減少している。Googleは現在、「Goobuntu」と呼ばれる自社版「Ubuntu」をサポートしており、したがってUbuntuのシェアが落ち、他社が「追いついた」ように見えるのだ。

 全体として見ると、こうした現況は好ましいものであることを忘れないでほしい。Googleは規模が大きいので、独自のオープンソース製品を十分にサポートしていける。すなわち、開発コミュニティのリソースは、ほかのプロジェクトに回るようになるわけだ。

 そのうち、「Apache BSD」ライセンスがGPLに「追いつこうとしている」などという、さらにばからしいニュースが報じられるかもしれない。そう、やはりGoogleがApacheライセンスのほうを重用しているのである。

 Googleが、自社がサポートおよび使用しているプロジェクトに積極的にコードを提供し続けるかぎり、同社が独自路線のオープンソース戦略を採ることは、オープンソース界にとって損にはならない。

 多くの企業がGoogleを見習うようになれば、オープンソースはさらなるスピードで進化を遂げていくはずだ。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!