次期版「Gmail」にはこの機能が搭載されるに違いない!

opensource 2007-09-25 17:43:20

 Googleが「Gmail」の新版をテストしているのを受けて、Gmail向けに修正が必要になると思われる要素を掘り下げて考えてみた。ほとんどがごく単純なものか、既存の機能にフィットするものだが、中にはどうやっても対応しなさそうな機能もある。

 Gmail 2.0のリリース前もしくはリリース後に提供されるであろう新機能を、2つばかり紹介しよう。

 

     

     

  • 「Google Gears」の統合

     

     

 

 Google GearsとGmailの統合は、最近のニュースなどからすでに予想されているものの、今のところ明確な証拠はない。とはいえ、下の画面ショット2点の翻訳対象語(「Gears not installed(Gearsがインストールされていない)」と「Disable Local Store(ローカルストアを無効化する)」を見るに、GearsがGmailに含まれるようになることは間違いないと、個人的には考えている。

070925GO1.jpg

070925GO2.jpg

 

     

     

  • アカウント使用状況の確認

     

     

 

 だれかが自分の電子メールアカウントに勝手にログインしていないか、不安に思ったことはないだろうか。あるいは、自分のアカウントにアクセスしているのは自分だけだと確認して、安心したいと思ったことは? 自分のアカウントやそれらのIPアドレスを今現在使用しているコンピュータおよびブラウザをチェックする機能が、いずれGmailに追加されるはずだ。これに加え、アカウント使用状況をリアルタイムで確認するだけでなく、過去の使用状況も参照できるようになる。下の画面ショットにある、「This account is currently being used in *(数字) other locations(このアカウントは現在、*箇所で使用中です)」と「Last account activity: at IP *(詳細)(IP*における過去のアカウント使用状況)」というフレーズがその証拠だ。

070925GO3.jpg

 間もなくGmailには、大幅なアップデートが施されるはずである。同サービスに変更が加えられてからだいぶ経っているし、その間に開発者らが何もしていなかったわけはないのだから。これらの機能やGmail 2.0自体がリリースされる時期については何も言えないが、好ましい兆候があることは確かなようだ。

(Garett Rogers)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!