2008年、インターネットが企業の御用ネット化するおそれ

opensource 2007-12-13 17:19:17

 ネットの中立性を確立しようとする試みもむなしく、大手電話会社やケーブル事業者が、インターネットを自己の目的のために乱用するケースがあいかわらず後を絶たない。

 先日、「OpenOffice」のウェブサイトにある指示に従って、「BitTorrent」クライアントをから同ソフトウェアの新版をダウンロードしようとしたのだが、結局できなかった。わたしが契約しているISPは、Comcastである。

 ケーブル事業者は、自社のサービスと競合する可能性のあるビデオダウンロードを制限し、顧客におよぶ影響を排除するのに熱心なのだ。

 だが、これなどはまだましな方だと言える。

 カナダのRogers Communications(カナダ版Comcastのような会社)は、Googleのトップページをハイジャックし、独自のテキストまで付け足している。この仕組みを利用すれば、自社の広告を掲載したり、ユーザーをYahooへ誘導したりすることも可能だろう。

 1990年代前半に登場し始めたステートフルパケットインスペクション機器は、大手ISPによる全ユーザーの行動監視を実現するところまで成熟した。政府もこうした傾向を支援している。むろんISP自身も、そうすることにやぶさかではない。

 Lauren Weinstein氏は、最近の特許出願に、ISPがユーザーを定期的に監視し、ウェブページを変更するのを助けるものが多いことを指摘している。実際に多くのプロバイダーが、全面的なトラフィック監視とウェブページの変更をあらかじめ承諾させる契約を結ぼうと、躍起になっている。

 インターネットアクセス市場の競争がもっと激しければ、ユーザーはそうした力の乱用に反対の声を上げることができただろう。しかし、現在のように非競争的な市場では、それも無理な話だ。

 今日用いられている技術と、企業が抱いている野心が、インターネットを明日にもコーポレートネットへ変えてしまうかもしれない。そこは、ユーザーのオンライン上の行動が逐一監視され、契約ISPがユーザーの行動に乗じてひともうけしようと企む世界だ。

 これまでこうした企みは、静かに密やかに行われてきたが、2008年には一気に表面化すると思われる。

 ユーザーである読者諸君、さてどうする?

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!