編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

2008年、正念場を迎えるグーグル

opensource

2007-12-26 17:03

 2008年には、Googleが経済的な面で事をなし得るか否かが、大きな関心事になりそうだ。

 ウェブ広告の分野では、Googleの爆発的な成長はピークを過ぎ、終焉に近づきつつある。株価をこのまま高値で維持したいGoogleは、新たな収入源を見つける必要があり、オープンソースに注力することで実際にそうした努力をしてきた。

 クラウドコンピューティングであろうとモバイルテレフォニーであろうと、あるいはオフィスアプリケーションもしくはビデオであろうと、その中枢にはLinuxとオープンソースがある。これらのコードの大半が、Googleのサーバファームで稼働しているのだ。

 オープンソース運動と同じく、Googleは製品を無料で提供する代わりに、アドオンやサービスで儲けるというアイディアを以前から試みてきた。

 しかし、そうして始まった取り組みの多くは、いまだ赤字のままだ。「Blogger」も「Google Video」も「Google News」も、明確なビジネスモデルが確立されておらず、努力に見合う収益を上げられずにいる。

 ウォール街は、せっかちなことで悪名高い。増収増益の勢いが止まってしまえば、株価は地に堕ち、Googleの時代に幕が引かれる。

 したがって、Googleにとってもオープンソース運動全体にとっても、2008年は正念場になるのだ。

 「まず与えろ、それから奪え」というコンセプトは、現実の世界でどこまで通用するのだろうか。Googleには、それを現実にする帯域も処理能力もストレージもある。一発屋で終わるか否かは、同社自身が答えを出すだろう。

 別段Googleのファンでなくても、オープンソースを支持しているなら、2008年の同社の動きを追うのは、十分に意味がある。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]