編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

OpenOfficeよ、友の手を取れ

opensource

2008-01-31 18:00

 その登場以来、「Microsoft Office」に含まれる製品の数は順調に増えていった。

 チャート図作成ソフトウェア「Visio」やスケジュール作成ソフトウェア「Project」など、現在のOfficeには15個の製品がリストアップされている。

 一方の「OpenOffice」は、いまだにごく基本的な構成だ。ワードプロセッサとスプレッドシート、プレゼンテーション、ドローイング、シンプルなデータベース、それに数学プログラムしか種類がない。

 2007年9月の記事で、いずれはOpenOfficeにもバンドルされると伝えたIBMの「Lotus Symphony」オープンソース版も、まだ同社のウェブサイトからしかダウンロードできない。

 OpenOfficeが多様化しないのはなぜだろう?

 いや、多様化の道を進んでいることは進んでいるのである。

 APIやアプリケーションフレームワークをはじめ、OpenOfficeに関連するプロジェクトは山のように存在しているのだ。

 先日も、Microsoft Projectに対抗するオープンソースプロジェクト管理アプリケーション「OpenProj」のプレスリリースを受け取った。IBMのエンジニアの協力を得て、Symphonyとの連係が確立したのだという。

 これを聞いて、昔のロックソングを思い出した。1本の線路に2つの列車が乗っかっている、1つはオレ、もう1つはオレのダチ――そんな歌詞だった。

 市場からの「本物の愛」を勝ち得たいなら、「2つの列車」は1つになり、より大きな存在になる必要がある。さもなければ、駅に取り残されることになるだろう。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]