OpenOfficeよ、友の手を取れ

opensource 2008-01-31 18:00:44

 その登場以来、「Microsoft Office」に含まれる製品の数は順調に増えていった。

 チャート図作成ソフトウェア「Visio」やスケジュール作成ソフトウェア「Project」など、現在のOfficeには15個の製品がリストアップされている。

 一方の「OpenOffice」は、いまだにごく基本的な構成だ。ワードプロセッサとスプレッドシート、プレゼンテーション、ドローイング、シンプルなデータベース、それに数学プログラムしか種類がない。

 2007年9月の記事で、いずれはOpenOfficeにもバンドルされると伝えたIBMの「Lotus Symphony」オープンソース版も、まだ同社のウェブサイトからしかダウンロードできない。

 OpenOfficeが多様化しないのはなぜだろう?

 いや、多様化の道を進んでいることは進んでいるのである。

 APIやアプリケーションフレームワークをはじめ、OpenOfficeに関連するプロジェクトは山のように存在しているのだ。

 先日も、Microsoft Projectに対抗するオープンソースプロジェクト管理アプリケーション「OpenProj」のプレスリリースを受け取った。IBMのエンジニアの協力を得て、Symphonyとの連係が確立したのだという。

 これを聞いて、昔のロックソングを思い出した。1本の線路に2つの列車が乗っかっている、1つはオレ、もう1つはオレのダチ――そんな歌詞だった。

 市場からの「本物の愛」を勝ち得たいなら、「2つの列車」は1つになり、より大きな存在になる必要がある。さもなければ、駅に取り残されることになるだろう。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!