編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

L・トーバルズ、マイクロソフトの「特許恐喝」を一蹴

opensource

2008-02-05 22:20

 Linux Foundationの幹部とのディスカッションの中で、Linus Torvalds氏が、Microsoftが特許を盾にオープンソースを脅かしている一件を「マーケティング活動」と斬って捨てた。

 Torvalds氏がこうした発言をしたのは、同氏が所属しているLinux FoundationのエグゼクティブディレクターJim Zemlin氏によるインタビューの後半においてである。

 Zemlin氏はこのインタビューを、同団体の「Open Voices」討論シリーズの一部であるとし、自分とともに働いている人物以外からも話を聞きたいと言っている。

 Torvalds氏はインタビューで、特許は「不愉快」だが、観念的というより実践的な見地に立つものと話した。

特許はソフトウェアにおいては機能しない。というのも、ありとあらゆるソフトウェアの複雑な部分に、きわめて些末な特許の制約を受ける数百万もの技術のうちの1つが使われているかどうかなど、ほとんどだれにも把握できないからだ。

 多くの技術企業がこうした議論を展開し、議会に特許改革を促してきたが、彼らが求めているのはソフトウェア特許の廃止ではなく、これを処理するプロセスの合理化なのである。

 Torvalds氏は特許の行使を、特許で身を守り、「ならず者」の特許裁判をつぶしにかかる巨大勢力が駆使する外交にたとえている。そこでの最も賢い選択肢は、「和平」だ。

 現在の特許事情に平和をもたらすのは、いったいだれだろう。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]