真の「オープンソース候補」はだれか?

opensource 2008-02-11 14:56:36

 ブログサイト「Vanduska」は、バラック・オバマ氏こそが“オープンソース候補”だと論じている

 同サイトが引用している、Googleによるオバマ氏へのインタビューによれば、イリノイ出身の同大統領候補は、ネットワークの中立性やインターネットの自由、草の根的な変革といったオープンソースのキーワードを残らず支持したという。そればかりか、同氏は政府文書をデータベース化する計画も肯定している。下からだけではなく、上からの改革も示唆しているわけだ。

 オバマ氏は、Google社員の献金額でもトップを走っている。シリコンバレー全体を見ると、ヒラリー・クリントン氏のほうが人気が高いが、技術企業とオープンソース陣営の思惑を混同してはならない(そもそも、現時点での投票は早期投票結果とは異なる可能性もある)。MicrosoftやAppleといったプロプライエタリベンダー大手は、まだまだ技術業界のくくりに入れるべき存在だ。

 本ブログでは、政治的議論をものするのではなく、大統領候補者らの政治的な打算の中にオープンソースも含まれているのか否か、含まれているならどのような形でなのかを、読者に問いたいと思う。

 ジョン・マケイン氏が、オバマ氏が、クリントン氏が大統領になったあかつきには、オープンソースに何をしてくれるのだろうか。

 どの候補者であっても、言うだけなら簡単だ。問題は、だれがそれを実行するかである。それとも、読者はもう政治家のばか騒ぎにはウンザリしているのだろうか。バレンタインデーまでまだ日があるのだから、そんなことは言わずに少し考えてみてほしい。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?