企業におけるクラウド戦略とGoogle Appsの活用(2)

山崎靖之 栗原傑享 中田寿穂 2010-11-26 16:11:24

前回に続き、GoogleAppsおよび、サイオスが提供するGoogle Appsと連携するソリューションについて紹介する。サイオスは2007年からGoogleAppsの導入を手がけているが、時間を追うごとに、その導入マインドは高まっている事を実感する。前回のコラムでも書いた事ではあるが、コラボレーションツールのクラウド化は企業(または団体)にとってのコストメリットは計り知れない。それは、単なる運用費用を圧縮実現できるという次元ではなく、オンプレミス環境では実現し得なかったことの実現も可能にしている。■Google Appsの概要
Google Appsが提供する機能については、既にご承知の方も多いとは思うが、今一度確認しよう。提供される機能は以下のとおり。

・Gmail : メール機能
・Googleカレンダー : スケジューラー機能
・Googleドキュメント : ドキュメント共有機能
・Googleグループ : グループコミュニケーション機能
・Googleサイト : ポータル機能
・Googleビデオ : 動画共有機能

上記のとおり、企業(または団体)で情報をコラボレーションする基本機能は標準で提供されている。Gmailに関しては、メール保存要領が25GB/ユーザーという圧倒的なサイズと高精度な迷惑メール防止フィルター(スパムフィルター)によって、日頃から悩まされていた”スパムメール”の削除という煩わしい作業から開放されるのだ。さらに、メールシステムを運用している情報システム側から見ると、スパムフィルター・ソフトウェアの運用とアンチウィルス・ソフトウェアの運用からも開放される。利用ユーザーは快適に、運用エンジニアの工数も削減できる一挙両得なツールだ。スケジュールの管理と共有はGoogleカレンダーで行う。これも優れたユーザーインターフェースとGmailとシームレスな連動によって、オフィスワークを快適な環境に変化させる。コラボレーションする上で欠かせないドキュメント共有は、Googleドキュメントで実現する。サーバーサイドに保管され共有できるドキュメントは、リアルタイムで更新可能であり、常に最新情報を共有することが可能で、複数の更新者によるバージョン差異が発生することはない。また、全体を取りまとめる位置づけとしてGoogleサイトを利用して企業ポータルを構築すると便利である。最後に、Googleビデオである。これこそクラウドのメリットを思う存分享受できるサービスである。理由は、自社内にビデオサーバーを設置した場合、サーバーのパワーもさることながら、膨大なビデオデータを保存するための巨大なストレージシステムが必要となる。これを自社ですべて揃えるための巨額な費用感は容易に想像できる。利用用途としては、作業手順の動画マニュアルなど多岐にわたる。■サイオス クラウド連携ソリューション
Google Appsの標準機能だけでも、必要十分な機能を備えているが、お客様の様々なニーズにお応えする為に、サイオスでは独自のソリューションを提供している。それが「SIOS Integration for Google Apps」である。Google Appsは、そのサービス自体が単独で動作することが前提なので、アカウント管理や認証機能はGoogle Appsが提供している。しかし、多くの企業は、ユーザー管理システムを独自に持っている事が多く、ユーザー認証は、自社の認証システムにて認証し、Google Appsとのシングルサインオンを実現する事を望んでいる。また、企業が運用しているユーザー管理システムからGoogle Appsのアカウントを作成、削除をしたい、パスワード認証以外のより強固な認証をGoogle Appsでも利用したい場合など、様々な用途にあったシステムをご提供することができる。このように、お客様の多様なニーズにお応えするのが「SIOS Integration for Google Apps」であり、以下のサービスを提供している。提供しているサービスは、企業システムとのシングルサインオン/ID統合管理の認証に関わる機能とセキュリティ対策として重要なアクセス制御であり、企業のお客様が安心してご利用いただける。また、これらの機能をサイオスのASPサービスとしても提供しており、自社のシステムとGoogle Appsを連携させたシームレスなサービス提供をサーバー増強することなく、全てクラウド環境で実現可能である。■Google Apps導入の豊富な実績
サイオスは、2007年度より、日本大学の10万人ユーザーのGoogle Apps導入をはじめ、Google Appsサービス開始当初から導入支援サービスを提供している。これまでに、企業、大学を合わせて45万人ユーザー以上のGoogle Apps導入をお手伝いし、高度な技術力と豊富な経験に基づいたサポート力で多くのお客様から高い評価をいただている。 これまで導入してきたシステムも多種に渡り、LDAP、AD(Active Directory)との連携や、それまで、Microsoft ExchangeやIBM Lotus Notesをお使いのお客様に対するGoogle Apps導入の実績が多数ある。また、既存のメールシステムを切り替える際のネットワーク構成や移行過渡期の構成切替え手順など、メールシステムを入れ替える時に発生する煩わしい設計および作業を万全の体制で支援可能です。
■今後の展望
今後もお客様のニーズが高まっていくなか、サイオスは更に価値あるサービスの提供を目指している。例えば、Google Appsと連携する便利なアプリケーション・ソフトウェアをクラウドにて提供することもそのひとつである。Google Appsでは未だ提供されていないワークフロー機能の提供を開始している。セキュリティなどインフラに近いサービスから、個別のアプリケーション・ソフトウェアまで、お客様のニーズにお応えすべく、これからもサイオス社員一丸となって開発を続けていく。

(サイオステクノロジー株式会社 執行役員 山崎靖之)

 [PR]クラウド導入、日本最大級の実績を持つサイオス
〜高い技術力で導き出した「Google Apps」というベストアンサー〜

Google Appsがクラウド化に最適な理由とは?
他社製品比較資料付き記事掲載中!>>詳しくはこちら


[PR]Google Apps セミナー開催中!
>>詳しくはこちら

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]