SOAを100字で説明してみる

soa 2006-04-04 17:26:57

 SOAをめぐる最新の考察について、エレベーターに乗り合わせただれかに100字程度で説明しなければならない場合には、ずばりと核心を突いたDave Linthicumの考えが役に立つだろう。Linthicumは、今日のSOAの長所、短所、問題点を次のようにまとめている。

  • 長所 SOAのすばらしいところは、実際にビジネスの質を大幅に向上させられるという点だ。(中略)SOAは、病んだ企業を癒したり、調子を万全に整えてやったりすることができる。

  • 短所 クライアント/サーバシステムや分散オブジェクト技術が主流だった時代に犯したのと同じ過ちを、再び犯している。すなわち、無計画性と技術の極端な単純化が、SOAの欠点となりつつあるのだ。

  • 問題点 「エンタープライズサービスバス」やら「レジストリ」やら、似たような概念がちまたにあふれていて紛らわしい。

 …などと説明している間に、エレベーターは14階へ到着。Linthicumの要約はホントに役に立ってくれる。

(Joe McKendrick)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!