マイクロソフト、SOA市場への本格参入を虎視眈々とねらう

soa 2007-06-26 19:46:42

 ZDNetで記事を書いているDana Gardner氏が、多くの大手ベンダーがService Component Architecture(SCA)およびService Data Objects(SDO)を支持している中、流れに背くMicrosoftの存在は非常に目立つと論じた。

 Gardner氏は、「Microsoftは『偽SOA』を自社のオペレーティングシステムスタックに埋め込むという独自の路線を、なるべく長期にわたって維持しようとしている」と述べている。

 Microsoftがみずからのルールに従って動けば、ほかのベンダーやベンダーコンソーシアムが苦境に陥るというのは、確かに真実だ。

 だが結論から言えば、Microsoftはみずからのルールに従っているわけではなく、革命児となることをもくろんでいるのである。Microsoftはもうずっと以前から、大量生産と薄利多売を特徴とする新興市場を意図的にねらってきた。非常に高価なテクノロジーであるため、利用できる状態にはない層が、同市場の潜在的な顧客だ(もっとも最近は、Microsoft自身がさまざまな分野で革命を起こされている。LinuxやGoogleがその好例だ)。

 SOAはいまだに金回りのよい企業のためのもので、いわゆる「大きなSOA」でひともうけしようと考えているベンダーも多い。SOAは、一握りの企業が扱う、高級かつ高利な製品なのだ。むろんMicrosoftには、最初のブームにSOAツールを購入できなかった企業に、安価に買い足していける製品を販売するSOAの大量生産市場が出現するまで、待つ余裕は十分にある。

 しかし、以前このブログで紹介したButler Groupの報告書が示唆しているように、大SOAベンダーが方針転換を迫られる「審判の日」は間もなくやって来るだろう。Microsoftは大SOAに対抗していく姿勢をすでに打ち出しており、大量生産市場向けの安価で手軽な製品開発を進めて、機会をうかがっているのである。

(Joe McKendrick)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR