経営者の覚悟

徳田浩司(Koji Tokuda) 2008-01-11 01:16:01

ずいぶん前になるが、昨年発売された書籍にコラムを寄稿しているので、ご紹介したい。

「経営者の覚悟 - いまコンプライアンスが問われている」

こちらに「リーダーを生む教育とゆとりの教育」というコラムを書いた。

COMPLIANCE.jpg

内容紹介

【本書の内容】

コンプライアンスについて「経営者の覚悟」という切り口で、数多くの有識者から寄せられた多角的なコメントを掲載。

【本書の特色】

「コンプライアンス」というテーマについて、豪華執筆陣に寄稿いただきました。ビジュアルを豊富に用いており、広く企業の方々にお読みいただける内容です。

著者について

(執筆陣・掲載順)

冨山和彦/宇野康秀/御立尚資/佐山展生/北村晴男/野村修也◆片山龍太郎/北川正恭/横山禎徳/池上重輔/西山茂◆江上剛/浜辺陽一郎◆舞田竜宣/有友圭一/小林薫/M.クスマノ/鳥飼重和/最上悠/松岡啓司/小倉美紀/黒田由貴子/徳田浩司◆M.ロバートソン/坂和章平/住田裕子

出版社: 第一法規出版; A4変版 (2007/4/17)

私が書いたのはアメリカの教育制度についてある。平等が憲法で謳われている社会にもかかわらず、恐るべきことに、リーダーや天才を育てるための、一見不公平な教育制度が、義務教育の中に平然と存在するということである。

日本は、おちこぼれをなくすために、ゆとりの教育と称して、最低レベルに合わせた教育制度を作ってしまった。才能のある子供たちの芽を摘んでしまったのだ。才能には、努力で得られるものと天賦のものがある。これは今後どう影響するのだろうか。

(徳田浩司 koji.tokuda at http://www.fusion-reactor.biz

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!