火星人の逆襲

徳田浩司(Koji Tokuda) 2008-01-27 05:42:37

火星人が発見されたのでは!?という画像が巷で話題になり、前回のエントリー「NASA、ついに火星人を発見か!?」でもご紹介した。現在までのところ、NASAからは正式なコメントはない。写真も、ほんとうに火星人なのか、地表の石がたまたま人の姿に見えただけなのか、実際のところはわからない。しかし、実はもっと恐ろしいことが待ち受けているかもしれないのだ。

「火星人の逆襲」である。

火星人に対する思い入れは、19世紀終わりの小説家のHGウエルズの「宇宙戦争(The War of the Worlds)」というSF小説の影響が非常に大きいと思う。それによると、20世紀初頭に、タコ型の火星人が、大挙して宇宙船に乗って地球を侵略してくる。彼らの攻撃に、地球の軍隊は対抗するのだが、圧倒的な火力の差によって、人類は敗れてしまう。しかし、火星人が地球侵略を始めて2週間後に、不思議なことに火星人の攻撃はストップし、急に静けさを取り戻す。生き残った人類は、恐る恐る、彼らの宇宙船を覗いてみると、火星人は残らず死滅してしまっているのを発見したのだ。調べてみると、彼らを破ったのは、人類の兵力でも知恵でもない。地球上の病原菌である「ウイルス」だったことがわかった。火星人は、地球に上陸してから地球の大気を吸い、地上の生物を食べ始めたのだが、地球上のウイルスへの免疫を持たない火星人たちは、ウイルスに侵され、全滅してしまったのである。子供のころテレビで映画化されたものを見て、とても怖い思いをした経験がある。非常に有名な結末である。

それから1世紀が経過し、時は21世紀初頭。人類は火星に宇宙船を送り込み、地上探索車を動かし、火星の調査を進めている。今度は人類が火星を「征服」しようとしているのだ。現在火星には大気も水もないが、太古には大気も水もあったと思われている。高等な知能を有する火星人が存在していたかどうかは不明だが、何億年か昔にウイルス程度の生命が存在していた可能性は、今のところ全く否定はできない。

spirit.jpg

火星探索車Spirit (写真提供NASA)

現在行っている火星探索だが、火星の地表から数々の石のサンプルを収集し、最後には、宇宙船に乗せて、地球に持ち帰ってくることを考えている。以前、テキサス州ヒューストンのNASAを見学しに行ったときだが、月の石が展示されていて、実際に手で触れることができた。月には大気が存在したことはなく、生物は全く存在しなかったので、月の石を地球に持ち帰っても特に何も問題はなかった。しかし、今回は違う。

もし、火星人がいたらどうだろうか?火星人がいなかったとしても、もし、生命がかつて生息していたら?火星の地表に生命の死骸であるDNA(遺伝子)が存在しているとしたら?それが、採取したサンプルの石や宇宙船の表面に付着して地球に持ち帰ったら?地球環境でそのDNAが急激な速度で増殖をはじめたらどうなるだろう?

地球上の生態系が崩れるかもしれない。さらには、火星ウイルスの免疫を持たない人類はたちまち、火星ウイルスに侵されて、全滅してしまうかもしれないのである。ウエルズの宇宙戦争で、1世紀前に人類が火星人との戦いで打ち破ったのと同じ方法で、今度は「火星人の逆襲」が始まるかもしれないのだ!

火星に生物が存在しなかったことが100%確認されない限りは、地球環境中に、絶対にさらすことはできないのである。可能性は極めて低いとしても、今のところ100%大丈夫だとは、誰も保証はできない。そのため、火星生命のDNAを、絶対に一つも漏らさず、発見しなければならないのである。だからこそ、NASAは、ウエルズのSF小説やスピルバーグの映画に出てくるような話を、単なるおとぎ話としてとらえておらず、そこで登場するのがシリコンバレーで開発された世界最先端のバイオテクノロジーであり、それを使って、真剣に火星人探索を行っているということなのである。これが一連の火星人騒ぎの真相だ。コンピュータの世界と同様、宇宙開発でもウイルスは恐ろしいのである。

(徳田浩司 koji.tokuda at http://www.fusion-reactor.biz

追 記

9月1日追加情報

9月1日、旧中央青山の流れを組む、あらた監査法人と、みすず監査法人は業務を開始した。これは、旧中央青山監査法人の業務停止が8月31日で終了したことを受ける。

提携先である米国プライスウォーターハウスクーパースが「あらた監査法人」を設立し、900人強でスタート。一方旧中央青山監査法人は、「みすず」に名称変更し、た業務をを再開した。

みすずは、2500人。約3500人強いた旧中央青山監査法人のうち、約1000人が減少したそうである。一方、「あらた」は約900人でスタート。契約上場企業数はみすずがが3割減の580社、あらたが約400社だそうである。

旧中央青山の受け皿ができてひとまず安心である。ところでJ-SOX法であるが、対応の遅れは否めず、幸か不幸かガイドラインの発表も遅れており、中央青山の業務停止の影響は表面化はしていないが、どんどん対応が後ろ倒しになり、あとでそのツケが回ってくる可能性がある。

(徳田浩司 koji.tokuda at www.fusion-reactor.biz

Mr.Sam Nakane, formerly the CEO of SAP Japan review my entry and sent an email

Plese see it as following.

"Middle-up & down? No, Top-down is better! Email From Mr. Sam Nakane"

http://blog.japan.zdnet.com/tokuda/a/2007/01/middleup_down_n.html

And you may have some kind of risk regarding your business with Japanese companies because of J-SOX.

Please see my new entry as below,

"Business Checklist Working With a Japanese Company - May be requested for J-SOX compliance, Suddenly"

http://blog.japan.zdnet.com/tokuda/a/2007/01/a_business_chec.html

話が英語教育に脱線したついでに、関連して興味深い記事を発見したのでご紹介したい。

英語教育、韓国は教科書暗記…フィンランドでは英会話 (東亜日報2006年9月14日)

 

フィンランド語は、世界の語族の中で、韓国語、日本語、モンゴル語などとともに「ウラルアルタイ語族」に分類され、「インド・ヨーロッパ語族」である英語と語順、文法などで多くの違いがある。

 

フィンランド教育研究所のポイアラ教育顧問は、「フィンランド語は、前置詞、冠詞などがなく、英語と非常に異なる言語だ。英語を学ぶことは本当に難しいことだが、フィンランド人はみな、英語の大切さを十分知っており、学校で英語をよく教えるので英語が上手だ」と堂々と説明した。

ヘルシンキでは、タクシーの運転手も、英語で日常的な会話ができる。小学生から中年の紳士まで、道で会ったフィンランド人に英語で道を尋ねた時、通じない場合はほとんどなかった。みな学校で学んだ英語の実力だ。

 

 

フィンランドでは小学校3年生(8歳)から英語教育がスタートする。母国語の骨格が完成しており他言語に影響されにくくなった年齢で、更に、外国語を習得するにはぎりぎりセーフという絶妙なタイミングだ。ちなみに韓国は小学校5年生(10歳)ということで、ちょっと遅い。それに比べて日本は現在中学校からで12歳。手遅れである。

そういえば、私も思い当たる節ある。あるシリコンバレーのIT企業のエンジニアがたくみな英語の使い手ですっかり米国のネイティブスピーカーだと思い込んでいた。しかし、出身を聞いて見ると、実はフィンランド人だった。英語などインドヨーロッパ語族はSVO(主語+動詞+目的語)構造であるが、日本語、韓国語、フィンランド語は、SOV(主語+目的語+動詞)構造で、構文がまるっきり異なり、これらを母国語とする国民は、英語を習得するのがもっとも不得意だ。彼は相当な努力をしたのだろうが、フィンランドの教育制度のおかげでもあろう。

国際経済競争力のランキングで、フィンランドは2006年は2位で、2001年から2004年までトップだった。一方、日本は7位で後塵を拝している。フィンランド企業としては携帯電話のNokiaが有名だが、英語教育の成果として、IT立国として成功しているフィンランドを、日本社会も見習うべきだ。

仮想化技術とは少し異なるが、ちょうどZDNetに、サンマイクロから、データセンターの消費電力削減ソリューションの解説があったので、ご紹介したい。

データセンターと地球環境の課題を解決する新機軸

Sun Fire & CoolThreadsサーバ

http://paper.japan.zdnet.com/abstract.htm?wpn=1520&tag=zp.co..

このホワイトペーパーでは、具体的な事例で、コスト算定がなされていて、イメージがわきやすいと思う。これによると、サーバ自身の消費電力に比べて、冷却に必要な空調コストは、なんと4,5倍もかかるそうである。さまざまな技術やピークの平準化などの工夫を凝らしてサーバーをまとめ、CPU数を減らすことができると、大幅にコスト削減効果があるわけだ。やはり、熱の問題は大きくコストを左右し、真剣に議論されるわけである。

会場の様子は、以下のレポートをご覧いただきたい。

「オンラインバンキングは多要素認証と多階層コントロールの時代に突入:RSAカンファレンスレポート」

「ついに見た、Windows Vistaの新しいセキュリティ機能CardSpace-RSAカンファレンスレポート」

また、認証技術を他社に先んじて取り入れ、銀行取引において高い市場シェアを獲得した事例がある。旧パスマーク社が提供するサイトキーを用いたバンカメの取組みについて以前書いた。セキュリティへの取組みの考え方において、セキュリティ=余分なコストと捉えるのではなく、積極的に、売上拡大につなげる手段と捉えた好事例である。参考になるかと思われ、ご一読いただきたいと思う。

「戦略的セキュリティ・システム」投資の衝撃」

「組み合わせ」の事例だが、RSAブースでいくつか新しい試みを発見した。

まだプロトタイプで発売していないという話であったが、生体認証の一つである、指紋認証と組み合わせ、PINコード入力を不要とするものや、ワイヤレス対応し入出管理などにも応用できるタイプのトークンなどが参考展示されていた。

多要素認証のステージになると、二要素認証時代にはライバルであった企業と手を取り合い、セキュリティの「組み合わせ」ソリューションを提供していくことになるのである。

セキュリティは頑丈なものを作っても、時間がたてば、それを打ち破る方法が編み出される。これで完璧ということはなく、何重にもセキュリティの「組み合わせ」が増えてしまう。そう方向性とは違った動きとしえ、マイクロソフトは新しい取組みを行っており、具体的なオンラインバンキングの事例を示し、提案していた。それについては、

「ついに見た、Windows Vistaの新しいセキュリティ機能CardSpace-RSAカンファレンスレポート」をご参照いただきたい。

また、セキュリティにおける認証技術を他社に先んじて取り入れ、競争優位に立つことで高い市場シェアを獲得した事例がある。旧パスマーク社が提供するサイトキーを用いたバンカメ)(Bank of America)の取組みについて以前書いた。セキュリティへの取組みの考え方において、セキュリティ=余分なコストと捉えるのではなく、積極的に、売上拡大につなげる手段と捉えた好事例である。セキュリティ関連部署の方や企画部門の方に参考になるかと思われ、ご興味あれば、これもご一読いただきたいと思う。

「戦略的セキュリティ・システム」投資の衝撃」

次回に続く。http://blog.japan.zdnet.com/tokuda/a/2008/01/20082.html

次回に続く。

http://blog.japan.zdnet.com/tokuda/a/2008/01/2008_1.html

詳しくは、以下のエントリーに解説してあるのでこちらもご参照いただきたい。

IT企業よ、決死の覚悟で米国に進出せよ! ?日本の人口動態とIT産業の行く末

http://blog.japan.zdnet.com/tokuda/a/2006/08/it_it_2.html

以下のレポートもご参照いただきたい。

2006 JavaOneレポート--Javaのオープンソース化に反応するSOAベンダーら

追加の写真は、以下をご参照。

フォトレポート:発見!火星に人?--火星探査車「Spirit」からの衝撃画像

本件の続編も、以下ご参照。

火星人騒ぎの真相をひも解く(ZDNet Japanブログより)

CNetから火星探索関連の記事や写真が多数レポートされているので、以下参照されたい。

フォトレポート:発見!火星に人?--火星探査車「Spirit」からの衝撃画像

シリコンバレーの現場から--やっぱり火星人はいた!?(ZDNet Japanブログより)

NASA、ついに火星人を発見か!?(ZDNet Japanブログより)

グーグル、月に続いて火星の地図も

フォトレポート:火星を駆ける探査車--砂まみれになりながら奮闘

フォトレポート:火星発--ビクトリアクレータの最新画像

火星探査車Opportunity、ビクトリアクレータを調査へ

フォトレポート:地球に届いた火星の高画質写真

火星で青い海に思いをはせる--Mars Roverプロジェクト、予想以上の成果

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?