PicoCELA社誕生 - PicoCellular Extending Local access Area!

徳田浩司(Koji Tokuda) 2008-08-08 08:08:08

 本日は、2008年8月8日、末広がりの八が3つに、金を生む金曜日。8を倒せば∞(無限大)。さらには、北京オリンピックの開幕というスタートダッシュの日でもある。この大変縁起のいい日に、PicoCELA株式会社という新しい会社が誕生することになった。

http://picocela.com/index.html

 PicoCELA社は、PicoCellular Extending Local access Area!

の略で、「無線によるバックボーンを持ち、多段中継を可能とする、超小型無線基地局」の開発・販売を行うベンチャー企業である。

 本件は、九州大学古川浩准教授が発明した通信技術を基盤とし、文部科学省の知的クラスター創成事業および福岡県のふくおかISTに採択されたプロジェクトで、その成果を元に商用化を進めるものである。

 そして、PicoCELA社のCEOに私、徳田浩司が就任し、福岡とシリコンバレーを拠点として、九州発、日本発の技術で、世界で勝負することをご報告させていただきたい。

PicoCELA社の製品コンセプトは以下である。(ホームページ抜粋)

 

モバイル通信システムのブロードバンド対応が進むにつれ、ひとつの基地局が守備するエリアは狭くなり、一方、ユビキタスなネットワークアクセス環境の実現は広範囲なブロードバンド通信エリアの確保を我々に要求します。

 

この矛盾を解決するシステムを我々は提供します。手のひら大の超小型基地局「PicoCELA」は、それぞれが互いに無線で中継する機能を持ち、設置するだけで面倒な情報信号ケーブルの敷設なくして自由自在に無線通信エリアを拡充します。お客様の無線基地局敷設コストを劇的に低減し、快適なブロードバンド無線通信環境の迅速なる構築をサポートいたします。

 

FMC_PicoCELA.jpg

図 ワイヤレス・ブロードバンドにおける利用イメージ

みなさまに、ワイヤレス・ブロードバンド時代の、新しい通信インフラとサービスを提供していく所存である。

なにとぞよろしくお願いします。

徳田浩司 Koji Tokuda @ PicoCELA 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!