編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

3 times...

鶴田展之(Nobuyuki Tsuruta)

2007-10-29 01:39

MacBook ProへのLeopard導入、3度試したが起動せず。

もしかすると「Pro」なのにサブマシン扱いされていることが気に入らなくて拗ねているのかもしれないが、おそらくアップグレード前の環境がすでに壊れていたのであろう。Shiftキーを押しながらの「セーフブート」もダメ、Command-Vで起動ログを表示させてみても、Bluetooth関係のドライバをロードしているようなメッセージが出た後、黙って凍りついてしまう。時間の無駄なので、結局断念することにした。

それにしても、失敗したのがメインマシンじゃなくて本当によかった。大切なデータは基本的にCore2Duo搭載のMacBookにあるので、あとでクリーンインストールし直してから、rsyncかscpでユーザフォルダを同期しておけばよいだろう。

拗ねているProはしばらくCoreDuoを冷やさせておいて、MacBookにもLeopardを導入してみる。メインマシンで失敗すると本当にシャレにならないので、きちんとバックアップをとってから作業開始。が、こちらはあっさりと導入が完了し、何事もなかったようにLeopardが起動した。

これでとりあえずは一安心。

早速、これからどんどん新機能を試していくとしよう。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]