編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

LeopardとLeopard Server

鶴田展之(Nobuyuki Tsuruta)

2007-11-05 00:39

MacBook Proのその後だが、結局「アーカイブしてインストール」でやり直したところ、難なく起動した。

アップグレードができなかったのは残念だが、「ターゲットディスクモードでドキュメントをサルベージしなきゃ」なんて面倒なことをせずに済んだので、まあよしとしよう。アップグレードインストールの場合はデスクトップピクチャや様々な設定も引き継がれるが、「アーカイブして・・・」の場合はシステムがまっさらになるため、素のLeopardの姿が拝める。これはこれで、新OSの実感があって感慨深い。

さて、苦労してようやくLeopardを導入できたMacBook Proだが、間もなくまたOSをクリーンインストールしなおす予定である。

何を?

Leopard Serverを。

先日、Appleの開発者向けプログラムである「ADC Select」に加入した。年間6万円ちょっとで、開発者にとって嬉しい各種の特典が受けられる。中でもAppleのリリース前のソフトウェアが提供されるのはありがたい。最近はオフィスのマシンをMacで統一したいというお話もちょこちょこあるので、特にMac OS X Serverについてはいろいろなサービスを動かして検証しておく必要があるのだ。そこで、Leopard ServerをADC経由で入手し、MacBook Proに開発・検証環境を作ってみようというわけだ。

インストール及び環境構築の経過は、このブログで逐次ご報告していきたいと思う。

乞う、適度なご期待。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]