VMWare FusionとParallels Desktop

鶴田展之(Nobuyuki Tsuruta) 2008-02-12 18:15:11

光陰矢のごとし。もう2月である。

年末のお約束通り、ここしばらくMac上でのWindowsの使い勝手を試している。とりあえず今の環境は、Boot Campで作成した40GBの領域にWindows Vistaを導入。Mac OS X上にはVMWare Fusionをインストールし、Boot Campパーティション上のWindowsを「再起動無し」で利用できるようにしてある。

さて、VMWare Fusionのいいところは、仮想マシンがきちんと2つのプロセッサを使えるところだ。最近のMacは、MacProを除いてほぼもれなくIntel Core2Duoを搭載している。つまりひとつのプロセッサで2つ分のパワーを持っているわけだが、仮想化ソフトウェアがこれに対応していなければ、CPUがデュアルコアでもシングルコア分の性能しか出ない。例えば、対抗馬である「Parallels Desktop for Mac」は、今のところ仮想マシンから使えるCPUはひとつだけ。実際にベンチマークをとってみても、演算性能はVMWare Fusionの約半分という結果になる。また、Parallelsはディスクへの書き込みもだいぶ遅い。(ライセンス上、具体的なベンチマーク結果は公開できないが。)

ただ、この一事をもって、VMWare Fusionが優れていてParallels Desktopがダメだということはできない。性能的に同等の他のMacではParallelsも使っているが、筆者の個人的な体感では、両者にCPUベンチ結果ほどの速度差は感じられない。特に負荷の高い処理を行うのでなければ、むしろParallelsの方がサクサク動く印象がある。なぜか。Parallelsの方が描画性能が高いからだ。VMWare Fusionは、演算が速くても描画性能の低さが足を引っ張っている分、体感はもっさりした印象が拭えない。

とはいえ、どちらを選んでもかつてのPowerPC時代のように「使い物にならん!」とキレそうになるようなことはないし、機能的にも差はほとんどない。どちらを選ぶかは、しいて言えば用途次第である。YouTubeなどの動画サイト閲覧やゲームが主な目的ならParallels、会計や給与の処理をさせるならVMWare Fusionの方が向いているだろう。あ、「初音ミク」のような音楽製作ソフトも、おそらくPrallelsを選んだ方がスムーズだと思う。VMWare Fusionでは、インストーラがフリーズしたり、起動しても音切れが頻発する問題に遭遇した。

あともうひとつ重要な注意がある。LeopardでBoot Campを使ってWindows XPを導入する場合、Boot Campで作成したパーティションを、Windowsのインストーラ上から再度きっちりとフォーマットし直す必要があるようだ。インストールが「disk error」で止まってしまうといった場合は、「クイック」ではなく通常の方法でパーティションをフォーマットし直してみるとよいだろう。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR