道半ば、、、

若井 直樹(Naoki Wakai) 2009-04-15 10:26:05



先週末はイースターで、多くの人々が休日を海やプールで過ごした。私もご多分にもれず、スービック湾に遠出した。NLEXNorth Luzon Super Expressway)を約3時間半車で走った。NLEXの最終地点からスービック湾へは、真新しいハイウェアが伸びている。スービック周辺は、非常に厳しい交通ルールが適用されている。一時停止など気を付けないと、警察やガードに止められ、罰金を払うはめになる。

この地域にも、テクノパークと呼ぶ経済特区があり、アジア各国をはじめ外資系の工場が林立している。港近くには、建設機材、中古自動車などをストックする倉庫がたくさん見られる。道は、ザンバレスというスービック湾北部方面と、バターンという南部方面へ分かれる。以前すでにバターンへは海水浴に訪れたことがあるので、今回は北部方面に訪れることにした。

実は約10年前にザンバレスには海水浴に来た経験があるが、私の記憶では、まだホテルやいわゆる海の家は非常に少なかった。ところが、今回来てみて驚いたのは、それらが驚くほど増えているということに加え、アメリカ人が経営するバーやナイトクラブの多さに驚かされた。この地域はご存じのように、長らく米軍基地が置かれていたので、日本における米軍基地周辺のように、バーやナイトクラブがあるのは驚くことではないのだが、それらを米国人が経営しているというのは意外だった。

フィリピンに来て早くも1年半が過ぎようとしている。こちらのITに関連する動向をみてきたのだが、日本にいたときに常識だと思っていたことはこちらでは必ずしも常識ではないことに何度も気づかされた。グローバル企業におけるIT戦略の策定が、容易ではないことに思いをはせることしばしば。アナリスト時代にシェルのIT戦略を研究する機会があったが、どうしてあの優秀なIT戦略策定グループがある地域においてはうまくいっていなかったのかという疑問に対するヒントを得たような気がする。

まだまだお伝えしたいことは沢山あるのだが、いったんここでお休みをいただくことにする。私の旅はまだ道半ば。今後とも是非応援をいただきたく、またつたない文におつきあいいただいたことに感謝して、筆を置くことにします。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

1件のコメント
  • 武田佳一郎

    ご無沙汰しています。お元気で活躍の様子、少し安心しました。ぜひ私のメールに連絡をください。

    2009年08月25日