ビジネスマンとサラリーマン

八木大造(Daizo Yagi) 2009-01-23 14:25:47

自分がウルトラマンとかスーパーマンだと思ったことはないけれど、なんとなくビジネスマンなんじゃないかと思ってこれまでやってきた。自分がサラリーマンだと意識しながら仕事をしてる人は少ないと思うけれど、異動の辞令を受けたりすると、一瞬それを実感したりする。

先週、ボクに異動の辞令が出た。パワーウィングスと「ネットde家系図」に別れを告げて、親会社のクレオに戻ることになりました。「ネットde家系図」がボクの手から離れる。社会人になってから一番残念な気持ちになった。

残念な気持ちでいっぱいだけど、何かや誰かを恨む気持ちはありません。クレオにも、パワーウィングスにも感謝の気持ちでいっぱいです。理念を共有して一緒にやってくれた内外の皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。「ネットde家系図」の利用者の皆さんに「途中でいなくなってごめんなさい」の気持ちでいっぱいです。

約2年半、ボクはクレオの新規事業を担当し、クレオにパワーウィングスを買ってもらった。パワーウィングスには一緒にやってもらった。家族SNS「ファミリーウィングス」から「ネットde家系図」が生まれ、1万7千人の利用者と14万人の系図登録者を越えるまでになった。いよいよこれから事業化させるフェーズ。それを自分の手でやりたかった。「ネットde家系図」には、根底にある理念を失わずにこれからも成長してほしい・・。 

事業化させる前に離れるワケですから、中途半端な気持ちでいっぱいですが、「ネットde家系図が、一定の認知を受け、利用者も増え、いろんなメディアに取り上げられ、プロデューサーとして日本家系図学会の会員に推薦してもらえたり、えい出版さんから家系図の本を書くことになったり・・うん、手ごたえ充分の2年半だったと言いたい。

クレオに戻ってどんな仕事をするのか・・もともと「新規事業担当者としてブログを書いてね。」とZDNetの編集長さんからお声を掛けて頂いたブログなので・・・今後も書いていいのかどーかわからない。周囲の事情がゆるせば、今後もボクの煮え切らない人生模様を実況させていただきます。もしかしたら最後になるような気もするので言わないといけない。「これまで、みなさん、ありがとうございました。」そして「さようなら。」

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]