たとえば、同じ花を見て「綺麗だね」と思えること

八木大造(Daizo Yagi) 2009-07-17 18:57:57

ミネさんのいる大崎の居酒屋で、花キューピットのイワモトさんと、株式会社i879インターネット花キューピット」のニシイエ社長にお会いしたのです。

イワモトさんは、家系図ソフト「ルーツ2006」の取締役でもあり、剣道七段の達人でもある。竹刀を使わずに一本をとる人だ。来週21日(火)に12ちゃんのWBSで「ルーツ2006」が取り上げられることになり、ボクはかなり興奮している。だいぶ遅れてはいるけれど、イワモトさんとは家系図の本(エイ出版)を共同執筆する戦友でもある。

さて今回は、そのイワモトさんに、ニシイエ社長と引き合わせて頂いた。ニシイエさんは陽気さと、思慮深さと、情熱が絶妙にミックスされた、彼もまた、竹刀を使わずに一本をとる人だった。

話題は、ビジネス、宗教、政治など多岐に渡ったが、どれもこの夜の結論は「深いところで理念が共有できていないと、なかなか一緒にやっても成功しないと思うのね」とゆーことだった。「たとえば、同じ花を見て「綺麗だね」と思える共通の価値観があること。」が、何をやるにしても大事だ!ということに、居酒屋で緊急開催された両院総会で3名の全会一致をもって決議された。しかしこの決議内容を今も覚えているのは、きっと「しらふ」だったボクだけだ。(つづく)

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]