脱線いたしま~す「戦争を避ける為に海軍をつくる」

八木大造(Daizo Yagi) 2010-04-22 22:54:14

あれかっ?・・・おっかねぇ顔して歩いてる人に、なんとなく話し掛けづらいヤツの「でっかい版」かっ(・・・だから、だれに言ってんの?・・・お願いしますよ、ほんとーに。(←フン、おまえもなっ・・・))。 

微熱が続いて体がチョーだるい中、楽しみにしてるNHKの大河ドラマを見ていたら、「戦争を避ける為に海軍をつくる」みたいなコトを龍馬役の福山雅治さんが言っていた・・・。

当時は武力で外国を退けようとする攘夷論(じょういろん)が活発だったけれど、逆にやられちゃうんじゃないのぉ~?みたいな風に勝海舟や龍馬らは考えていたよーだ。

そこで開国もせず、武力も行使せずにすむ方法として、日本も強力な海軍をつくってそれを戦争の抑止力にしよーと考えた。ドラマの中では、軍艦操練所頭取の勝海舟が、龍馬の考えが自分と近いことに気を良くして龍馬を門人に加えた。それから勝と龍馬は神戸に海軍操練所を作ったりする。それが後に日本海軍に発展していく。 

するってぇ~と(勝海舟風)、日本海軍は、「戦争をしない為の道具」としてつくられた「戦争をする為の道具」とゆ~ことになる・・・あー、ややこしい。事実、日本海軍の生みの親となった勝は、強大になった日本海軍が威力を発揮することになる日清戦争(1894-1895)には終始反対を貫いた。 

どんなに崇高な理念や思いを込めて作ったモノでも、親の思いとは別の方角に進んでしまうことが、よくあるみたい・・・それが普通なの?・・・よくわからない・・・とにかく「クレオスマイル」や「ネットde家系図」・・・そして子供たちも・・・当初の思いや理念を失わず正しく歩んでほしい(でも進化する変化なら大歓迎だ)・・・生むより、育てるほーが大変か・・・その大変さを楽しめるかだな、きっと・・・あ、やっぱ、よくわからない・・・どりゃ~エイッ!(つづく)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]