グローバルスタンダードの理由! 加速する企業のクラウド利用--「安心」こそクラウドサービスの最優先課題

「Acronis True Image」などで知られるデータ保護ソリューションベンダー、アクロニス。同社では、サービスプロバイダやSIerが自社のサービスメニューに、容易にクラウドバックアップサービスを加えられるソリューション「Acronis Backup Cloud」を提供している。その意義や特徴などについて、アクロニス・ジャパン 代表取締役の大岩憲三氏に聞いた。

さまざまな観点から注目されるクラウドへのバックアップ

 震災や津波、河川氾濫などといった大規模災害が頻繁に発生する日本列島。システム基盤を置いている拠点に物理的な損失を被る可能性は少なくない。


アクロニス・ジャパン
代表取締役
大岩憲三氏

 「いくらバックアップしていても、それを同じ拠点内に留めていては、バックアップごと失われてしまうことがあります。これはデータ保護の観点でいえば重大な脅威です」と大岩氏は指摘する。

 「そこで注目されるのがクラウドバックアップです。自社拠点が被災してしまっても、クラウド上にバックアップされたデータがあるので、事業再開に向けた第一歩を踏み出すことが容易になります」

 クラウドにデータを預けることに対する抵抗感は、近年かなり薄らいできている。また、オンプレミス環境でのデジタルデータ保存に限界があることも認知されてきた。データを保存する媒体も劣化を避けられず、いざという時にバックアップから復旧できなくなっている場合もあるのだ。しかしクラウドサービスはいうなれば無形の保存環境、より長期間にわたって安定した保存が期待できる。さらには企業の扱うデータ量も増大の一途にあり、バックアップ媒体に求められる容量もどこまで増えるか見通しが困難だ。その点でも、より柔軟に拡張できるクラウドの方が有利と言えるだろう。さらにサイバー攻撃対策の観点からも、LAN内で感染を拡大する手口が増加する中、クラウド上のバックアップに注目が集まっている。クラウドバックアップは、様々な理由で重視されるものとなってきているのだ。

再販を前提とした設計の事業者向けソリューション

 アクロニスが提供する「Acronis Backup Cloud」は、サービスプロバイダやSIerなどの事業者が、自社のサービスとしてクラウドバックアップサービスを提供するためのソリューションだ。

 「クラウドバックアップを求めるユーザーが増えていることを受けて、自社でもクラウドバックアップサービスを提供したいと考えるサービスプロバイダやSIerは多いはずです。しかし、自社でサービスを構築するには多大な初期投資が必要で、構築に要する期間も相当かかります。Acronis Backup Cloudを使っていただくことで、ミニマムな初期投資・準備期間でスタートできるようになります」(大岩氏)

 ことバックアップに関しては『安全・安心』が重要であり、綿密な検証が欠かせない。パフォーマンスや使い勝手などの面でも、やはり綿密な作り込みが必要だ。アクロニスはバックアップ製品で長年の実績を持っており、その高い品質がAcronis Backup Cloudに反映されている。Acronis Backup Cloudを採用すれば、事業者はより高品質なサービスで、より迅速にクラウドバックアップ市場へ参入できるというわけだ。本サービスは3年ほど前から提供されており、現在ではワールドワイドで300以上の事業者、日本国内でもニフティやIIJ、ビットアイル・エクイニクス、使えるねっとなど、約20の事業者が採用している。

 「当社のソリューションを使ってローカルでバックアップされているデータ量は全世界で5エクサバイトにものぼります。他ベンダーも含めればさらに多い、膨大な市場です。その一部でもクラウドバックアップに移行するとしたら、相当なビジネスが期待できるでしょう。そしてバックアップはデータを起点としたサービスですから、顧客を囲い込みやすいのです。近年のクラウドサービスは似たり寄ったりで、乗り換えることも容易なので価格競争に陥りがちですが、Acronis Backup Cloudはそのクラウドサービス市場に、異なった軸での競争力を提供するものでもあります」(大岩氏)

提供:アクロニス・ジャパン
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2017年5月14日