編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Contrast Securityの製品を活用して
DXプロジェクトを推進するSOMPOグループ200万件もの脆弱性チケットに悩まされていた巨大プロジェクトの工数削減を実現

会社名 損害保険ジャパン株式会社
正味収入保険料 2兆1,847億円(2019年度)
資本金 700億円
創業 1888年(明治21年)10月
従業員 24,689名
住所 〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
URL https://www.sompo-japan.co.jp/
事業内容 各種損害保険商品、サービスを主軸に、デジタル技術を活用した事故対応サービス、ドライブレコーダーを活用した安全運転支援サービスなどを提供。近年では変化する時代を見据え、自動運転やシェアリング事業など新たな分野にも事業領域も拡大。

デジタルトランスフォーメーション(DX)なしでは生き残れないというほどの危機感を持ち、「未来革新プロジェクト」を推進しているSOMPOホールディングスでは、脆弱性対応の工数削減に向けContrast Securityの製品群を採用している。

 今や様々な業界がデジタル化の波に直面し、変革を迫られている。国内保険大手の損害保険ジャパンを中核とするSOMPOホールディングスも例外ではない。同社は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を抜きにして生き残りはあり得ないというほどの危機感を持って、「未来革新プロジェクト」を推進している。

 このプロジェクトでは、COBOLで開発され長年にわたって同社の事業を支えてきた基幹アプリケーションを、Javaをはじめとするオープン系技術に置き換え、より付加価値の高いサービスをより迅速に提供することを目指した基盤作りを進めている。金融・保険系システムというと、あらかじめ決まった仕様に沿ってフルスクラッチで開発するイメージが根強いが、未来革新プロジェクトでは、開発効率を向上させるため適材適所でオープンソースソフトウェア(OSS)も活用しながら開発を進めている。

提供:Contrast Security Japan合同会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2021年4月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]