編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
DX推進を阻害する3つの要因を解決!

データ分析・活用を全方位で支援するデル・テクノロジーズ

多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいるものの、大きな成果を生みだせずにいる。デル・テクノロジーズの調査によると、DXの阻害要因の上位にあるのが、「データプライバシーやサイバーセキュリティ」「予算やリソース不足」「データの有効活用ができないこと」だ。これらの課題を解決するにはどうすればよいのか。デル・テクノロジーズでは、ソフトウェア、ハードウェア、コンサルティングの全方位で顧客の全体最適を支援する体制を整えている。(過去記事1過去記事2過去記事3)現在の状況について各領域のエキスパートに聞いた。

Speaker

堀田 鋭二郎 氏 デル・テクノロジーズ株式会社
DCWソリューション本部
データ分析 主幹
堀田 鋭二郎 氏
吉武 茂 氏 デル・テクノロジーズ株式会社
UDS事業本部 事業推進部
シニア市場開発担当マネジャー
吉武 茂 氏
池田 司 氏 デル・テクノロジーズ株式会社
サービスビジネス営業統括本部
シニア ソリューション プリンシパル
池田 司 氏

ハードウェア、ソフトウェア、コンサルティングで全体最適を目指す

 デル・テクノロジーズ(以下、デル)が2020年10月に世界18カ国の顧客4,300人を対象に行った調査(「Digital Transformation Index(デジタル トランスフォーメーション インデックス、以下 DT Index)」)では、94%の企業がDX推進に関して課題に直面しているという結果がでている。その課題のトップ3は、「データプライバシーやサイバーセキュリティに関する不安」「予算およびリソース不足」「データからインサイトを引き出せないことや、データのオーバーロード」の順となっている。特に、「データからインサイトを引き出せないことや、データのオーバーロード」については、2016年から8ランク上昇しており、データ分析・活用がDX成功の大きな鍵となっていると言えるだろう。

データが内に秘める可能性を解き放つ
非構造化データストレージの
新たなスタンダード
Dell EMC PowerScale インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー
Innovation Built-in
提供:デル・テクノロジーズ株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2021年12月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]