編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

ひとり情シスが
Windows11導入前に用意すること

Windows 10へのリプレースがようやく終わり一息ついたのもつかの間、コロナ禍でさらに忙しい日々を過ごすことになりました。そのせいか、もうWindows 11がリリースされたのか、と思ったのは私だけでしょうか。Windows 10がリリースされた当時は、「Windows最後のバージョン」と言われていました。そのため定期的に訪れる巨大Windows Updateも仕方がないと我慢してきたにもかかわらず、Windows 11のリリースの発表があり少しだまされた気分になりましたが、一方でさらなる利便性の向上を期待する気持ちもあります。

 同じWindows 10であっても、実際には大型アップデートごとのバージョンが存在していて、大型アップデートがアプリケーションに影響を及ぼすこともあります。やってみないと分からない面も多く、管理者はサポートや管理に気をつかわなければなりませんでした。キッティング作業も、大型アップデートありきで試行錯誤してきました。それらがWindows 11になって解消されていることを願っています。

 そのためにも、Windows 10のサポート終了時期が明確になった今、そろそろリプレース計画の検討を始めなくてはなりません。

 ひとり情シスにとってPCリプレースは、負担の大きい作業の一つで、経験上、早くから調査・準備しているほど導入時の負荷ピークを下げることができます。つまり、まだ時間に余裕がある今から準備しておくことが、悲惨な状況を避けるためのポイントになります。そこで今回は、これまでの経験を踏まえて、Windows 11導入前に考えておいた方が良いことを整理してみましょう。

PDFをダウンロードする
ビジネスニーズに応える インテル® vPro® プラットフォーム

ビジネスニーズに応える インテル® vPro® プラットフォームが IT 担当者やユーザーが求めるパフォーマンスやセキュリティー機能、管理機能、安定性を実現。ネイティブで妥協のない統合プラットフォームが、認定を受けた統合ソリューションとしてふさわしい最新の PC プラットフォーム・テクノロジーを提供。IT 環境を管理しやすいよう最適化され、従業員や IT 担当者、企業における意思決定者の実際のニーズをもとに常に進化し続けるプラットフォーム。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

提供:デル・テクノロジーズ株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2022年3月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]