編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

中堅企業ひとり情シス・少人数目線の
ITIL運営の3つの効用

ひとり情シスの皆さん、ITILをご存じでしょうか。言葉くらいは聞いたことがあるという方もいらっしゃると思います。ITILとは“Information Technology Infrastructure Library”の略で、簡単に言いますと、より良いITサービスを継続的に提供するための運営管理事例ノウハウ集、といったところです。インターネットで検索するとITに関する情報はたくさんあり、書籍も多く出版されています。ITILの詳細について「簡単な解説書を用いて各人で勉強すること」が第一歩で、そこで自身に必要な技術やノウハウを知ることがITILの始まりです。

ITILには5つの構成要素があります。

  1. サービス・ストラテジ
  2. サービス・デザイン
  3. サービス・トランジション
  4. サービス・オペレーション
  5. 継続的なサービス改善

 この5項目の計画と現状について、常に正確な報告ができる状態になっているでしょうか?ひとり情シス目線で5つの要素については後ほど解説しますが、日々奮闘されているひとり情シスの皆さんにとっては、手間のかかる方法論などに対応している余裕はないと敬遠されるかもしれません。私もひとり情シスで大変だった時期は、一人でこの状況を乗り切らないといけなかったため、大勢で運営することが前提で書かれている方法論は、自分にとっては無縁だと思っていました。

 あれをやりましょう、これもやりましょうと書かれていると、それをやることが目的になりやすく、ひとり情シスにとってつらいだけの作業になってしまいます。しかし、なぜそれが必要なのかに注目してみると納得できる内容になっています。ISOのように厳格なものでもないので、ひとり情シスにとって役立ちそうな部分を、ひとり情シスにとって都合の良い方法で実践すれば良いだけなのです。

 そもそもITに関して、うまく回そうという目的は、ひとり情シスであっても大所帯の情シスであっても同じはずです。早い段階で簡単な解説書でも読んでおけば、ここまで苦労しなくて済んだかも知れない、と今では少し後悔しています。そのような経験から、私は、リソースが少なく多忙なひとり情シスだからこそ、早い段階でITILに触れておくことをお勧めします。今回は、ひとり情シス環境下でのITILの解釈の仕方や取り入れ方について考えてみましょう。

ひとり情シス的ITILの5つの要素

 ITILの5つの要素について解説をしていきます。また、ひとり情シスの現場でどのように活かせば良いのかも考えてみましょう。

①サービス・ストラテジ

 まずは、IT導入の戦略を検討します。システム導入の際の提供範囲、提供サービス、必要リソースの確保、そして戦略を考えます。後続の作業のよりどころとなる部分であるため、途中で方向性がブレないように考慮しておきたいところです。

 システム規模にもよりますが、コストや人員体制などにも影響がある場合は上司や経営層との合意が必要なこともあります。あまり理想を描きすぎると現状との乖離が大きくなり、その後の工程に無理が生じたり、ひとり情シスでは対応が難しくなったりする可能性もあるため、段階を踏むなどの検討も必要でしょう。広範囲に状況把握ができているひとり情シスがITIL的に検討をすれば、誰よりも妥当な戦略が描けるはずです。

②サービス・デザイン

PDFをダウンロードして続きを読む
ビジネスニーズに応える インテル® vPro® プラットフォーム

ビジネスニーズに応える インテル® vPro® プラットフォームが IT 担当者やユーザーが求めるパフォーマンスやセキュリティー機能、管理機能、安定性を実現。ネイティブで妥協のない統合プラットフォームが、認定を受けた統合ソリューションとしてふさわしい最新の PC プラットフォーム・テクノロジーを提供。IT 環境を管理しやすいよう最適化され、従業員や IT 担当者、企業における意思決定者の実際のニーズをもとに常に進化し続けるプラットフォーム。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

提供:デル・テクノロジーズ株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2022年6月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]