編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

Withコロナ時代での
ひとり情シスのテレワーク実践法

気が付けば、最初の緊急事態宣言からずいぶん時間が経ちました。平時でも忙しかったひとり情シスの皆さんは、コロナ禍というやりにくい状況の中で苦労されていると思います。さらに、半導体不足や物価上昇による影響などもあり、悩みは尽きないでしょう。コロナ禍はもう終わりかな、と思うほど感染者が減ったことが何度もありましたが、そのたびに期待は裏切られ、テレワークができるようになるまで続けるぞ、と言われているかのようです。

 コロナ禍でIT活用の重要性が認識され、緊急事態宣をきっかけにテレワークを実践する機会を得た企業も多かったでしょう。テレワークを経験された方は、仕事が進まない、部下の状況が見えないという声がある一方で、出勤をしない働き方の魅力やメリットも感じられたのではないでしょうか。しかしながら、その後継続的にテレワークを行う企業は多くないという結果もご存じかと思います。

 私は、コロナ禍で比較的スムーズにフルリモートに移行しましたが、それは環境整備や練習を繰り返してきたからだと思います。環境整備も練習もなく、いきなり緊急事態宣言下でリモートワークを実践しようとしても、できないのは当然の結果だと思います。しかし、準備や練習さえ行えば、多くの企業でリモートワークができる環境を整えることができるともいえるでしょう。

 今回は、私がフルリモートを実現するまでに実践してきたことについてご紹介したいと思います。理想のワークライフバランスを目指し、もう一度チャレンジしてみるきっかけになれば幸いです。

テレワークで得られるメリットは大きい

 テレワークによって家でも仕事ができてワークライフバランスを実現できる、というのは従業員目線ですが、会社にとっても多くのメリットがあります。デジタル化やIT活用が進み、BCP対策にもなり、人員不足の中での優秀な人材確保の面など、企業体質強化のメリットは大きいのです。生産性が出ない、マネジメントが難しいなどの話も聞きますが、いずれも改善が可能であり、それを理由に安易にやめてしまうのはもったいないことです。

 実際、弊社でも最初は同じように生産性やマネジメント、コミュニケーション等で不都合があると言われていました。IT環境に依存する部分については、情シス主導で少しずつ解決していき、それ以外の不都合な部分は不慣れなだけ、もしくはルールや運用変更で解決できることが多かったため、時間をかけて徐々に解決していきました。その結果、経営者が出社率を下げてほしいと言えば、業務に影響を及ぼすことなくすぐに対応できるようになりましたが、そこまで変わるとは思っていませんでした。

 実際は、仕事内容によって、フル出社に近い人もいれば私のようにフルリモートの人もいます。それぞれの仕事内容や生活スタイルに応じて切り替えている状況です。会社としてはデメリットもあることは事実ですが、両方できることにより良いとこどりができて、有事の際にリスクを回避しやすくなっています。

 テレワークができる人は不公平という話も聞きますが、弊社ではそのようなこともありません。むしろ出社率を抑制していることで出社の権利を欲しがる人の方が多いです。個人ごとに目標を与えられているため、家でサボれるなどの発想にはならず、不公平とは思いません。テレワークでも生産性を落とさないように自分で努力する必要があり、それは決して楽なことではありません。不公平問題は仕事の進め方や意識の問題でもあります。

 テレワークがうまくいく会社の共通点は、経営者がテレワークを実現したいと明確に掲げている点ではないかと思います。会社として今後もテレワークを継続する意思を見せることで、従業員はそれを前提にして、不都合なことに対して環境やルールの改善をするようになります。これまでは理解されなかったペーパーレス化も、経営者が方針を示したことで、急に多数の要望を受けるようになりました。

テレワークに必要なIT環境整備

 テレワークを実現するためには、IT環境の整備が必須となります。ここからは、私がテレワークの実現に向けてどのような対応をしてきたのかについて、ご紹介させていただきます。

  1. PCの調達
  2. クラウド活用
  3. ネットワーク対策
  4. セキュリティ対策
  5. ペーパーレス化、印鑑対策
  6. 自宅の環境整備

(1)PCの調達

 テレワークをするためには、社外に持ち出せるPCが必須です。とはいえ、突然の緊急事態宣言下で多くのPCを早急に調達するのは容易ではありません。持ち出せるPCとなるとそれなりの金額になり、そもそも予算もあまり期待できないからです。予算が限られている場合は、再利用PCや中古PC、レンタルPCなども選択肢に入れましょう。半導体不足や価格高騰の影響もあり、新品の調達が難しい状況でもコストを抑えながら確保がしやすい選択肢です。

 私もWindows10へのリプレースで回収したWindows7のPCが倉庫に眠っていることに気づき、それを再利用することにしました。幸いなことにライセンスはダウングレードで使用していたものが多く、追加のライセンスもそれほど多くありませんでした。しかし、PCの再利用で問題となったのは性能でした。多くのPCがメモリ4ギガバイトのハードディスクモデルで、快適に仕事をするにはほど遠いものでした。

 そこで私は、ハードディスクのSSD化を行いました。実際に検証して、十分仕事で使える性能を確認してから、大量のSSDを購入して入替えを実施しています。SSD化によりキッティング時間が大幅に短縮され、短期間で大量の再利用PCを配布することができています。古いPCなので傷などもありますが、不満を言う人はほとんどおらず、有事の中で貴重なPCを調達できたことに感謝されています。ただし、中古は故障率が高くなるため、早めにリプレースする計画を立てましょう。

(2)クラウド活用

 あまりクラウド利用に積極的でなかったけれど、コロナ禍を機にクラウド利用が進んだという企業も多いのではないでしょうか。弊社も同じようにクラウド利用が進みました。利用が進んだのは、メールやチャットなどのコミュニケーション系サービス、ストレージ系サービス、そしてリモートデスクトップ系サービスです。レガシーシステムなどはリモートデスクトップで社内に入って作業をしています。また、私が予想外に思ったのはビジネスチャットの導入です。個人的には、仕事で価値を見出せるのか、SNSのように場が荒れないかといった懸念がありましたが、実際にはそのようなことはありませんでした。

PDFをダウンロードして続きを読む
ビジネスニーズに応える インテル® vPro® プラットフォーム

ビジネスニーズに応える インテル® vPro® プラットフォームが IT 担当者やユーザーが求めるパフォーマンスやセキュリティー機能、管理機能、安定性を実現。ネイティブで妥協のない統合プラットフォームが、認定を受けた統合ソリューションとしてふさわしい最新の PC プラットフォーム・テクノロジーを提供。IT 環境を管理しやすいよう最適化され、従業員や IT 担当者、企業における意思決定者の実際のニーズをもとに常に進化し続けるプラットフォーム。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

提供:デル・テクノロジーズ株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2022年7月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]