編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

新任情シスは、
まずひとりヘルプデスクを目指そう!

昨今のデジタル化の流れの中で、初めて専任の情シスがアサインされることや、IT経験の浅い方が情シスに増員されることがあります。恐らくそのような仕事はとても忙しいことが想定されています。まず、情シスとして目指すところを、『ひとり情シス 虎ノ巻』(日経BP社)の著者として知られる黒田光洋氏が実体験を基に具体策を提示しました。

 会社にとってIT活用やデジタル化が重要であると分かっていても、企業規模や人件費の都合で複数のIT担当者を置くことができない場合があります。そのような環境のIT担当者は仕事の範囲が不明確で、一人で社内のIT関連の仕事を何もかもやらざるを得ないことがよくあります。また、効率化や自動化が進んでいない企業も多く、社員のITリテラシーがあまり高くない会社では、IT担当者の仕事量が膨大で、悲惨な状況に陥りやすくなります。

 一人で何でもできるIT担当者を「ひとり情シス」と表現することもありますが、そこまでこなせるマルチなスキルを持つIT人材は、まだあまり多くはいません。実際はサポ―トセンターのように次から次へと発生する日々のPCのトラブルや、問い合わせに追われるヘルプデスクのような方も多いです。この状態は「ひとり情シス」ではなく「ひとりヘルプデスク」であり、しかもその多くは全ての質問に満足に回答できず、ひとりヘルプデスクにすら至らない状態の人もいるかもしれません。自身の環境を悲惨な状態にだと憂い悩む人々が多いように思えます。

 私自身もヘルプデスク業務を経てひとり情シスになりましたが、ひとりヘルプデスクの経験を積んでうまく回せるようになったことで、ひとり情シスのスキルが形成されてきたと感じています。そこで、これからIT活用とITコストの適正化を実現し、ひとり情シスを目指す人に、まずはひとりヘルプデスクの業務の進め方や仕事の範囲、さらにその先につなげるためのヒントについてお話したいと思います。

仕事の範囲が明確でないから自分のやりやすい環境を作れる

 まず自身の役割と仕事内容を客観視できるようになりましょう。本当に自分がやるべき仕事なのか、自分や会社にとってメリットがあるのかを考えます。自分自身を客観視するのは意外と難しく、仕事を抱えている現状を自己否定しなくてはならない場合もあります。仕事が忙しく充実しているときほど自分は正しいと考える傾向が強くなるため、仕事を取捨選択し妥当な範囲を理解することは、自分との戦いになるでしょう。私は、今でもその場の勢いで安易に仕事を受けてしまうことがあるため、必ず定期的に自己の振り返りと客観視の時間を作って反省し、軌道修正するようにしています。

PDFをダウンロードする
ビジネスニーズに応える インテル® vPro® プラットフォーム

ビジネスニーズに応える インテル® vPro® プラットフォームが IT 担当者やユーザーが求めるパフォーマンスやセキュリティー機能、管理機能、安定性を実現。ネイティブで妥協のない統合プラットフォームが、認定を受けた統合ソリューションとしてふさわしい最新の PC プラットフォーム・テクノロジーを提供。IT 環境を管理しやすいよう最適化され、従業員や IT 担当者、企業における意思決定者の実際のニーズをもとに常に進化し続けるプラットフォーム。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

提供:デル・テクノロジーズ株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2021年12月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]