編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

リモートデスクトップの新たな潮流《Hosted Desktop Infrastructure》 HDIは本物か!?

ポール・サンテラー氏
ポール・サンテラー氏
Hewlett-Packard Company
VP & GM
Moonshot Business Segment
HP Servers

 新世代の超高密度サーバー「HP Moonshot System」の衝撃的なデビューから2年。目的や用途に合わせて最適なサーバーカートリッジを選択する合理性が評価されて、HP Moonshot Systemは世界中で採用が進んでいる。中でも「HDI(Hosted Desktop Infrastructure)」の注目度は高い。米ヒューレット・パッカード(HP)でMoonshotビジネスを統括するポール・サンテラー氏、アジア・パシフィックのMoonshotビジネス責任者 アンドリュー・デイビス氏に聞いた。

――Moonshotビジネスの最新動向をお聞かせください。

サンテラー氏:2013年にHP Moonshot Systemを発表し、翌2014年はサーバーカートリッジのラインアップ拡充に力を入れました。ネットワークを1Gbpsから10Gbpsに拡張し、外部ストレージとの接続も可能にするなど、お客様のニーズを確実に捉えることができたと思っています。おかげさまでビジネスは順調に推移し、公開可能な採用事例だけですでに40社以上に達しています。

 そして、いよいよ2015年はMoonshotビジネスを本格的に成長させる年です。ビジネスの立ち上がり当初はWeb系システムへの採用が目立っていましたが、現在のMoonshotビジネスを牽引しているのは、「モバイルワークスペース」「メディアプロセッシング」「ビッグデータ/アナリティクス」という3つのソリューション領域です。中でも、「モバイルワークプレイス」は注目すべき動向を見せています。

コラム①HP Moonshot Systemとは

HP Moonshot Systemは、目的や用途に最適な"サーバーカートリッジ"を選択することで、ムダのないリソースを提供し、高い投資対効果を実現する新世代の超高密度サーバー。高さ4.3Uのシャーシに45サーバーカートリッジを収容する。Webホスティング、Webアプリケーション、リモートデスクトップ、ビデオトランスコーディング、アプリケーション配信、リアルタイムデータ処理などに特化した多様な"サーバーカートリッジ"が用意されている。

――HP Moonshot Systemが実現する「モバイルワークプレイス」とはどのようなものですか。

サンテラー氏:仮想デスクトップ(VDI)についてはよくご存知と思いますが、HP Moonshot Systemでは「HDI(Hosted Desktop Infrastructure)」と呼ばれる"VDIとは似て非なる仮想デスクトップ環境"を実現します。VDI市場は日本でも目覚ましい成長を遂げていますが、使い勝手や性能面で課題に直面しているケースは珍しくありません。「従来のPCよりずっと遅いじゃないか」という不満の声も聞こえます。

 HP Moonshot SystemによるHDIは、クライアントセキュリティの強化やスマートデバイスの活用、ワークスタイルの変革といったVDIで得られる「モバイルワークプレイス」の成果を手に入れながら、お客様の「パフォーマンス問題」をシンプルに解決します。

コラム②HDIとは

HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、超高密度サーバー「HP Moonshot System」を利用したリモートデスクトップソリューション。シンクライアント向けに特化して設計・開発された「HP ProLiant m700サーバーカートリッジ」を1シャーシに45枚搭載し、180ユーザーのデスクトップ環境をわずか4.3Uのスペースに"物理的に集約"できる。仮想化によってリソースを細分化するVDIを大幅に上回る、高性能なリモートデスクトップ環境を実現する。

――HDIはお客様の理解や支持を得られていますか。

サンテラー氏:はい、VDI環境で「パフォーマンス問題」に直面されたお客様に、HDIは非常にシンプルで強力な問題解決をもたらしています。HDI専用のサーバーカートリッジ「HP ProLiant m700」の出荷が開始されたのは2014年3月ですが、すぐに多くの引き合いをいただきました。実際にHP Moonshot Systemビジネスの中で、HDIつまり「モバイルワークプレイス」の案件が80パーセント近くを占めた時期もあります。中でも、日本のお客様はHDIに対する理解をいち早く示していただきました。「HDIビジネスは日本から立ち上がった」と言っても過言ではありません。

コラム③HDIのメリット
高い性能:
AMD Opteron X2150 APU SoC(4コア×4CPU/GPU統合)を搭載、サーバーカートリッジに搭載されたCPU/メモリ/SSDを1ユーザーが占有し、最新のビジネスPCに匹敵する高性能を実現
運用が容易:
仮想化レイヤーがなく、物理サーバー上にWindows 7 / Windows 8.1をインストールするシンプルで運用の容易なシステム
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部 
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]