クラウドファースト時代におけるITインフラの最適化とは?

このところITを活用したビジネス・トレンドとしてIoTやFinTechに注目が集まっているほか、新たなビジネスの創出にITを活用するデジタル・トランスフォーメーションの推進に乗り出す企業が少なくない。こうした変革を根底で支えるITインフラは、どのようなものであるべきか? 朝日インタラクティブが2017年7月に開催したセミナー「そのクラウド化計画は妥当ですか? ~自社システムを棚卸して考えたいオンプレとクラウドの使い分け」において、日本ヒューレット・パッカード(HPE)の2人のエバンジェリストが最適解を提示した。


日本ヒューレット・パッカード
エバンジェリストリーダー
総合エバンジェリストの山中伸吾氏

日本ヒューレット・パッカード
ストレージテクノロジー
エバンジェリストの井上陽治氏

Next 企業ITの主眼はITコスト削減からビジネス創出へと変わった

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2017年12月31日