“リフト&シフト”でクラウド戦略を推進するIBM—クラウドとコグニティブでCxOの課題を解決

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)が「クラウドとコグニティブで実現するビジネス変革とは?」をテーマに開催した「IBM Watson Summit 2017」に、日本IBM 取締役専務執行役員 IBMクラウド事業本部長の三澤智光氏が登場。「コグニティブとオープンな技術でビジネス・トランスフォーメーションを支えるクラウドプラットフォーム」について講演した。

 これまでIBMでは、「e-ビジネス」や「スマータープラネット」といったキーワードとともに、新たなテクノロジーを市場に展開してきた。現在、IBMでは、「“コグニティブ・ソリューション”と“クラウドプラットフォーム”の会社」というキーワードとともにクラウド戦略を市場に展開している。


日本IBM
取締役専務執行役員
IBMクラウド事業本部長
三澤智光氏

 三澤氏は、「以前の“スマータープラネット”というキーワードは、個人的には気に入っていたのだが、企業のCxOにとって、“具体的なソリューションがイメージしにくい”キーワードであったかもしれない。そこで、クラウド戦略においては、CxOにも分かりやすい、よりストレートな言葉を選んでいる」と言う。

 クラウドの利用を行うことで、サーバやストレージなどのリソース(モノ)を所有する必要がなくなるほか、運用・管理をクラウド事業者に任せられるので人的資源(ヒト)の軽減やインフラ投資(カネ)の削減が期待できる。さらに、コグニティブにより、これまで活用できなていなかった情報の有効活用が可能となり、「ヒト・モノ・カネ・情報」という経営資源の有効活用が期待できる。

 三澤氏は「IBMはテクノロジーの会社であり、研究開発に年間7000億円を投資しているほか、数多くの企業も買収している。この膨大な投資が、コグニティブ・ソリューションとクラウドプラットフォームの研究開発に費やされている。この膨大な投資により、企業経営者に、より高い価値を提供することを目指している」と語る。

 今回の講演で改めて示されたIBMのクラウド戦略の特長は3つ。

  1. エンタープライズ・ストロング:企業がデジタルトランスフォーメーションの実現に必要な機能、信頼性、セキュリティを提供する。
  2. データ・ファースト:これまで企業が活用することができなかった画像やビデオなどの非構造化データを含むデータを蓄積して、効率的に活用し、企業活動に反映する仕組みを提供する。
  3. コグニティブ・アット・ザ・コア:IBMが提供するあらゆる機能やサービスでは、コグニティブを活用した価値を提供する。

 三澤氏は、「IBMは、企業のワークロード、データの種類などの要件にあわせ、クラウドでマルチテナントの“Bluemix Public”、クラウドでシングルテナントの“Bluemix Dedicated”、オンプレミスでシングルテナントの“Bluemix Local”といった3つの形態でソリューションを提供している。これにより、お客様は企業の経営戦略にあわせた、多様な選択肢から選択することが可能となる」と話している。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2017年9月30日