編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

エッジから企業システムまで
コンテナベースのオープンな
仕組みで一元管理
—IBMがもたらす革新的なエッジコンピューティング戦略

 企業のIT環境をクラウドへシフトする流れが強まっている中で、その先の動きとして注目されているのがエッジコンピューティングである。小売りや製造などさまざまな業種の現場において、日々無数のデータが生まれており、IoTの進展で今後さらに加速する。そのデータをすべてクラウドに蓄積するモデルでは、インフラ環境に負荷がかかり、結果として顧客へのサービスの質が低下したり、管理の手間がかかったりなどマイナス面を引き出してしまう。現場(エッジ)で生まれるデータは現場で処理し、分析を通じてインテリジェントな情報に変換して、さらなるイノベーションを仕掛ける、それがエッジコンピューティングの狙いである。日本IBMは、エッジコンピューティングを実現する優れた製品と経験に裏打ちされたノウハウにより、デジタルトランスフォーメーション(DX)など企業の成長をサポートしている。エッジコンピューティングにおける日本IBMの提案について、2人のプロフェッショナルに話を聞く。

ZDNet日本IBMでエッジコンピューティングをリードしている上野さんと太田さんにお話を聞きます。

日本IBMの上野亜紀子です。オープンシステムをベースとした管理基盤系のエッジコンピューティングについて、日本向けの戦略と製品展開を企画しています。同じチームに所属する太田充紀です。エッジやコンテナの領域において、Kubernetesの導入などオープンアーキテクチャを用いてエッジコンピューティングによる企業の変革を支援しています。

日本アイ・ビー・エム株式会社 
クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部
インテグレーション・ソフトウェア事業部
Strategy & Offering 部長
上野 亜紀子氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部
インテグレーション・ソフトウェア事業部
Strategy & Offering 部長
上野 亜紀子氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部
インテグレーション・ソフトウェア事業部
テクニカルセールス
太田 充紀氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部
インテグレーション・ソフトウェア事業部
テクニカルセールス
太田 充紀氏

ZDNetDXの進展や、新型コロナウイルス感染症が引き起こしたニューノーマルと呼ばれる世界が訪れている中で、ITの活用領域はこれまで以上に広がっていくと考えられます。中でも、MaaS(Mobility as a Service)やスマートファクトリー、アグリテックなどにおいて、エッジコンピューティングが1つのキーワードになってきました。IBMもいま注力しているエッジコンピューティングの重要性について、その背景を教えてください。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2021年3月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]