プロジェクト単位で行う業務の“どんぶり勘定”をなくすには?

ソフトウェア開発会社や広告会社などのプロジェクト単位で業務を行う企業にとって、収支や損益をどのように管理するかは大きな課題である。部門部署を横断したメンバーが集まり、場合によっては複数の外部企業も参加するプロジェクトでは、社内のERPシステムが使えないからだ。そんな課題を一気に解決してくれるクラウド型サービスを紹介する。

リアルタイムな収支管理が、プロジェクトを成功に導く

 販売・在庫管理や財務会計・原価管理など基幹業務を支えるERPは、一般的に企業グループの固定化した組織内で利用することを前提としている。そのためIT/ソフトウェアの開発、広告/プロモーションの制作のような複数の部門部署、企業が協業するプロジェクトの現場では、収支・損益の管理にERPシステムは使えない。そこでやむなく表計算ソフトを使って管理するものの、その手法ではどうしても正確性や即時性に欠ける。そのためプロジェクトの現場では、収支や損益を度外視した“どんぶり勘定”がまかり通ってしまうこともある。


図:プロジェクト管理が必要な業種の例

 しかしプロジェクトを成功させるには、売上と経費、原価をきっちりと管理することが欠かせない。そんなニーズに応えるのが、販売管理と財務会計が一体化したクラウドERP「NetSuite(ネットスイート)」である。NetSuiteはクラウドサービスとして提供されており、プロジェクト管理機能を搭載している点が特長だ。

 NetSuiteでは、プロジェクトごとの収支や進捗をリアルタイムに可視化する。例えば、収支が悪化しているプロジェクトを早期に発見したり、メンバーごとの稼働状況を把握したりといったように、さまざまな観点から分析できる。また、会計システムと直接連携できるところは、ERPシステムであるNetSuiteならではの強みだ。

 さらに、マルチテナント型のSaaSとして提供されている点もNetSuiteの特長である。オンプレミス型のERPシステムとは違い、稼働基盤を調達して環境を構築する必要はない。基盤の監視やアプリケーションのバージョンアップなどは一切不要で、運用はすべてNetSuiteに任せられる。調査会社・矢野経済研究所では、NetSuiteのようなSaaS型のクラウドERPはコスト効率が高く、中堅中小企業は利用メリットを享受しやすいとしている。

 プロジェクト管理におけるNetSuiteの優位性については、以下のリンクからダウンロードできるホワイトペーパー「企業競争優位性を支えるリアルタイムなプロジェクト収支管理と可視化」(矢野経済研究所著)に詳しく記載されている。実際にNetSuiteを導入した成功事例の紹介もあるので、ぜひ参考にして欲しい。

提供:ネットスイート株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2017年7月26日