セキュリティ特集

日々繰り返される攻撃する側と守る側のいたちごっこ。

企業のセキュリティ担当者であれば、巧妙化・高度化するサイバー攻撃を完璧に防御することは無理だと気がついていることでしょう。

一方、ビジネスのデジタル化が進む中で情報セキュリティは非常に重要な要素であり、今日では死活問題とも言える課題です。

もしクレジットカード情報が入った顧客リストが流出したら?機密情報を人質に膨大な身代金を要求された?考えるだけでゾッとするだけでなく、場合によっては企業の継続が危ぶまれる可能性すらあります。このような状況の中で、今注目されているのがログの相関分析や振る舞い検知といった「セキュリティの可視化」です。これはこれまでの「リスクを侵入させない」といった指向ではなく、インシデントを事前またはいち早く察知し、迅速かつ的確な初動対応の助けとなります。

本特集では、セキュリティの新潮流とも言える「セキュリティの可視化」に注目し、どのようなツール・ソリューションがあるのか、導入時の注意点、またその価値を最大化するために、どのように運用すべきかといった製品の選定から導入、運用にいたる複合的な視点で「セキュリティ情報の可視化」を考えます。

[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部   掲載内容有効期限:2018年12月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]