編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

いま考えたい。
企業にとってデータの価値とは何か?本当のデータ活用をできていますか

データは財産。データは武器。データは競争力の源泉。

いま、企業にとってデータが重要な役割を持っているということは、誰もが認めるところだろう。そしてデータ活用こそが最重要な経営課題と言われている。しかし、そうした認識があるにもかかわらず実際にデータを活用できていると自信を持って言える企業がいったいどれだけあるだろうか。これほどまでにデータドリブンが叫ばれる中でも、データの活用がうまく進んでいない理由の1つに、データ基盤たる従来型DWHの限界、つまり現在のデータ活用へデータ基盤が適していないことがあげられる。例えばビジネスが拡大する中で、各部署・部門が個別にデータを保持してしまい、データがサイロ化してしまっているなどだ。このようにデータがサイロ化した状態では、必要なデータが必要なタイミングで手に入らず分析・活用までに無駄な時間が費やされるばかりか、重複、不整合などの問題が引き起こされる可能性があり、今求められている、データにもとづいた迅速な意思決定や、戦略的ビッグデータ活用などの妨げとなってしまっている。 こうしたデータのサイロ化を解消し、社内外にあるさまざまなデータを活用したデータドリブン経営を実現するためにはどうすれば良いか?

本特設ページでは、「データクラウド」という、次代のニーズに応えた新機軸のコンセプトを提唱するSnowflakeに注目し、本当の意味で価値のあるデータ活用を実現するためのデータ基盤のあり方を紹介する。

White Paper

[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2022年6月24日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]