ソフトバンクC&S/ヴイエムウェア

限りあるリソースの中で、最大限の効果を求められる「セキュリティ」と「働き方改革」。

セキュリティ対策は社外のみならず社内からの脅威も拡大し、対応範囲はとどまることをしらず、また、人員確保のための多様性が求められる昨今において、働き方改革は避けて通れない。

どちらも変化し続ける"多様性への迅速な対応"が必要ではないだろうか。

この特集では、新しいテクノロジーを活用したアップデートを継続することにより、「セキュリティ」と「働き方改革」の両者を効率的に実現する方法を見ていく。

セキュリティをめぐる局面は、より難しさを増している。インフラが複雑化している上にIoTなど新たな「守備範囲」も出現し、どこかにセキュリティの手薄な部分が現れやすい状態だ。その一方で攻撃側は常に攻撃の手法をアップデートし続けており、防御策の決め手に欠ける状況が続いている。

だからといって、先進的なITを導入しなければ、昨今の事業環境では企業の競争力は維持できない。企業がセキュリティに投入できるコストには限りがあるため、最大限に生かすことも必要だ。全体的な効率性を考えないといけないからだ。そこで本特集は、「仮想化技術を応用したセキュリティ対策」に着目する。仮想環境の活用が当たり前になった今、防御も新たな発想で手がけることが可能になっている。

限りあるセキュリティコストで最大限の効果をあげうる、新たなアプローチを考えていく。

特集

関連ホワイトペーパー

関連ニュースリリース

ニュースリリースをもっと見る +

あらゆる企業は現在、労働人口の減少など事業環境が大きく変化する中、生産性を高める最良の方法を模索しているはずだ。例えば国内では優秀なエンジニアの獲得が難しくなるなど、新規の人員確保に関する状況は一気に厳しくなった。

こうした場面で必要なのは、より効率的に結果を出せる組織を目指し、既存の「働き方」というソフトウェアを積極的に変えていくことだ。

必要なデバイスやツールは充実してきており、必要なのは決断だ。その結果として、個々の従業員の「働きやすさ」も、おのずと変わっていくはずだ。

本特集では、実際にどのような取り組みが結果に結びつきやすいのか、事例も交えて紹介していく。

特集

関連ホワイトペーパー

関連ニュースリリース

ニュースリリースをもっと見る +
提供:ソフトバンクC&S/ヴイエムウェア
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部   掲載内容有効期限:2019年3月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]