SQL Server 2017登場で変わる! データアプライアンス・ソリューション最前線

 これまで、日本マイクロソフトは、SQL Server のリリース毎に、SSDおよびフラッシュメモリーストレージとSQL Server を組み合わせた「SQL Server SSD Appliance」ソリューションを提供してきた。このソリューションのメリットは、SQL Server を知り尽くしたベンダーが、その特性にあわせてハードウェアもチューニングしているということ。つまり、ユーザーはチューニングする必要がないということなのだ。

 データベース スペシャリストは、ハードウェアのエンジニアではないことがほとんどだろう。すでに最適化されたマシンによって、直ちにデータベース スペシャリストは自分のスキルを存分に発揮することができる。

 そして、2017年10月上旬に SQL Server 2017 がリリースされた。今回も、マイクロソフトはアプライアンス モデルを用意している。そこで各アプライアンス提供ベンダーの担当者が一堂に会し、各社製品の魅力や特徴を熱く語った。

各社アプライアンスモデルと各社の強みとは

NEC 太田氏データアプライアンスはリファレンスアーキテクチャとして SQL Server の歴代バージョンに合わせて設計・サイジング済みであることがポイントですが、NECにおけるアプライアンスの強みはデータベースサーバーの稼働状況を可視化する「健康診断カルテ」です。サーバーも生き物のように、データのありかたやストレスの度合いは刻々と変化します。より望ましい、より健康な状態でサービスを維持するためには、人間が定期的に健康診断を受けるように、サーバーにも健康診断が必要です。SQL Serverに熟練したエンジニアが分析を行い、既に顕在化している問題に加え、将来的な問題の予兆をとらえ、長期的な安定稼働に向けた是正案を提示します。

太田智行氏
NEC ソリューションイノベータ プラットフォーム事業本部 サポートサービス事業部 データベースソフトウェアサービスグループ マネージャー

デル 野上氏弊社は早期からデータアプライアンスに参加しています。これまでの SQL Server の歴史を踏まえた経験もあります。さらに、NVMe(NVM Express)のOEM提供などワンストップでサポートまで提供できる点が強みです。何かあった時にどうしたらいいのか?など迷われることはありません。また、DWH(データウェアハウス)など幅広い用途で使って頂き、あらゆるワークロードに対応できる自信があります。

野上友和氏
デル コンサルティングGTM プリンシパルコンサルタントチーム 部長

インサイトテクノロジー 平間氏他社さんはハードウェアメーカーですが、もともと、我々はソフトウェアベンダーかつDB(データベース)コンサルティングを行っている会社なのです。そのため、データベース中心に、パフォーマンスに困っている顧客に寄り添ったソリューションの一つとして、ハードウェアを提供しています。導入されるお客様によっては、そのため、導入後に希望の能力に達しない場合、弊社のエンジニアが的確なパフォーマンスに至るまでお付き合いします。ハードウェアだけでなく、そのうえで動くソフトウェアについての豊富な知見。これが、インサイトテクノロジーの強みなのです。

平間大輔氏
インサイトテクノロジー ビッグデータ・ソリューション事業部 マネージャー

HPE 日野氏業界随一のポートフォリオを持ち、さまざまなデータ解析需要に応えられる製品ラインナップが強みです。HPEでは、細分化されたデータに対してのニーズに応えるべく、今回はローエンド・ミッドレンジ・ハイエンドモデルの3種類を用意しています。特にハイエンドモデルは16CPU最大48TBメモリーを搭載可能な弊社のフラグシップサーバー、“HPE Integrity Superdome X”をベース、業界最大のデータアプライアンスを提供しています。

日野創氏
日本ヒューレット・パッカード データセンター・ハイブリッドクラウド事業統括本部 ミッションクリティカルソリューション製品本部 プロダクトマネージャー

富士通 治部氏弊社もラインナップの幅広さや、エンジニアによるSQL Server Appliance構築支援サービスや移行サービス、24時間365日のワンストップのアフターサポートサービスなど、トータルなソリューションが提供可能です。また、デジタル革新に向けた共創ワークショップ空間「FUJITSU Digital Transformation Center」やAIサービス「Zinrai」から得た知見も顧客に提供できるのが強みとなります。

治部将之氏
富士通 プラットフォームソフトウェア事業本部 仮想化ソフトウェア技術統括部 シニアマネージャー

本コンテンツは、PDF版としてご覧頂けます!

今回の参加企業

  • NEC 太田智行氏
  • デル 野上友和氏
  • インサイトテクノロジー 平間大輔氏
  • 日本ヒューレット・パッカード 日野創氏
  • 富士通 治部将之氏

本記事のみどころ--ダイジェスト

各社アプライアンスモデルと強み、その詳細は!?
稼働状況の可視化、幅広い用途、豊富な知見、多様な分析用途への対応など、「一言では語り尽くせぬ」強みの数々
各モデルの特徴にフォーカス--その背景は?
どういった市場ニーズや企業の悩みがありるのか?そこへの対応は、どのように成し遂げているのか?各社ごとの考え方、戦略の違いは?
「SQL Server SSD Appliance」導入時の顧客反応は
「導入してよかった」「予想外のうれしい副作用」など、リアルな「導入企業の声」を各社が報告--グローバルに見てもシビアな日本の顧客がポジティブ評価

本コンテンツは、PDF版としてご覧頂けます!

提供:日本マイクロソフト株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年6月30日