編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

サブスクリプションビジネスで重要になるCXITIL準拠の「LMIS」をCX向上に役立てる

このところサブスクリプション型ビジネスが、これまでなかったような業界でも次々に始まっている。このモデルで重要になるのが、サービス契約後のカスタマーエクスペリエンス(CX)だ。このCXを向上させるために有効なのが、ITサービスマネジメントの分野で使われているITILだ。サブスクリプションとITILの関係について、ITIL準拠のツール「LMIS」を提供するユニリタの担当者に話を聞いた。

収益モデルの変革で重要度が高まる「カスタマーエクスペリエンス」

 「月額定額使い放題」をうたうサービスが、さまざまな業界で話題を集めている。いわゆる「サブスクリプション型」と呼ばれる販売形態だ。このサブスクリプションモデルは、もともとIT業界で、デジタルコンテンツサービスやソフトウェアライセンスなどの販売モデルとして採用されることが多かったが、今では他の業界、例えば飲料や自動車などにまで波及してきた。

 とはいえ、毎月一定額を支払うことで利用できるサービスは、ずっと昔から存在していた。例えば新聞などの定期購読料、賃貸住宅の家賃といったものがある。自動車にしても、レンタルやリースという利用形態がすでにある。それらと、サブスクリプションモデルは、どのように違うのか。ユニリタサービスマネジメント部の澤田大輔氏は、以下のように説明する。

続きはログインの上ご覧ください

続きをダウンロード
インフォメーション
提供:株式会社ユニリタ
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2019年12月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]