おもちゃデジカメ

用語の解説

おもちゃデジカメとは

(toy digital cameras)
おもちゃデジカメとは、1万円以下で購入できる低価格なデジタルカメラの総称である。
トミーやタカラなどのおもちゃメーカーが最初に製品を発売したことから「おもちゃデジカメ」と呼ばれるようになった。 一般におもちゃデジカメは本体サイズが小さく、撮像素子に低画素のCCDやCMOSセンサーを搭載する製品や、撮影した画像を確認する液晶ディスプレイがない製品が多い。 発売当初の2000年当時は、1万円以下で購入できるデジタルカメラとして注目を集め、多くのメーカーが製品を発売したが、最近ではより高画素の製品の価格が安くなり、高画素のカメラ付きの携帯電話が普及したこともあり、おもちゃデジカメはかつて程利用されなくなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]