がくっぽいど

用語の解説

がくっぽいどとは

(GACKPOID)
がくっぽいどとは、音楽作成ソフトウェアなどを提供している株式会社インターネットが開発した、DTMソフトウェアの名称である。
がくっぽいどは、ヤマハが開発した音声合成技術「VOCALOID 2」によって、バーチャルボーカリストにオリジナルの曲を歌わせることができる音声合成ソフトウェアである。 サンプル音源として、歌手として実際に音楽活動を行い名声を馳せているボーカリスト「Gackt」の音声が収録されている点が最大の特徴である。 がくっぽいどのパッケージには、少年誌向けの著名マンガ家による書き下ろしイラストが用意され、話題となった。 キャラクターの名称は「神威がくぽ」という。 なお、がくっぽいどでオリジナルに作成された曲の著作権は、その作者に帰属するものと明言されている。 なお、2007年にクリプトン・フューチャー・メディアから発売された、「VOCALOID 2」による音声合成ソフト「初音ミク」「鏡音リン・レン」は、ニコニコ動画などの動画共有サイト上でユーザーによるオリジナル作品が発表される潮流を作り、社会現象的な話題を呼んだ。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]