編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アウトソーシング

用語の解説

アウトソーシングとは

(アウトソーシング)

 直訳的には、「外部の供給源の活用」である。

何をどのように供給してほしいのかによって、さまざまな形態をとって実現する。

 一般的には企業活動で必要となる機能の一部を企業の外部で実現することを指し、日本語としては「外注」「外部委託」「戦略的提携」「分社化」など、さまざまな形があり得る。

 インターネットの普及によって高機能な通信サービスが利用可能になったことと、コスト削減の圧力が高まったことなどにより、ますます重要性が高まっている。 また、iDC(Internet Data Center)やASP(Application Service Provider)などの台頭により、これまで以上に利用しやすくなってきている。

 広義にとれば、企業活動を支えるインフラである電力や水道の供給も、一般的にはアウトソーシングで利用していると考えられるし、交通機関や通信サービスなどもそうである。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]