編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アクセシビリティ

用語の解説

アクセシビリティとは

(アクセシビリティ)

 情報やサービス、ソフトウェアなどが、どの程度広汎な人に利用可能であるかをあらわす語。

特に、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとって、どの程度利用しやすいかという意味で使われることが多い。 accecibilityとは「受け入れられやすさ」という意味の英単語である。

 例えば、手や腕の障害のためにマウスを使えない場合、ソフトウェアはキーボードだけで利用可能である必要がある。 弱視や老眼の人にとってはフォントサイズや配色は容易にカスタマイズ可能でなくては見にくい。 視覚障害の人は読み上げソフトを使うので、それに適したレイアウトや記述方法が求められる。

 特に、Webページについての「利用のしやすさ」を「Webアクセシビリティ」という。 これについては「WCAG」(Web Content Accessibility Guidelines)という指針がW3Cによって提唱されている。 画像や音声などには代替テキストによる注釈をつける、すべての要素をキーボードで指定できるようにする、情報内容と構造、および表現を分離できるようにするなどの方針が定められている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]