編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アクセスタイム

用語の解説

アクセスタイムとは

(アクセス時間,access time,)
アクセスタイムとは、メモリやハードディスクなどの記憶装置とCPUとの間でデータのやり取りに要する時間のことである。
例えばメモリなら、CPUの信号にメモリーが応答するまでの遅延時間がアクセスタイムとなる。 また、ハードディスクなどの記憶装置なら、ヘッドの移動に要するシークタイムと、ディスクの回転に要するサーチタイム、データの転送に要するデータトランスファタイムなどの合計時間がアクセスタイムとなる。 アクセスタイムは記憶装置の性能を表す際に用いられ、同種の記憶装置であれば値が小さいものほど高性能(処理が速い)ということになる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]