編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アクセス制御リスト

用語の解説

アクセス制御リストとは

(アクセスセイギョリスト,Access Control List,ACL,)
アクセス制御リストとは、誰に対して、どのリソースに対するどの操作を許可、または、拒否するか、という属性を複数列挙したもので、システム上のリソースに対するアクセスを安全にするために利用される制御情報のことである。
DOS時代のアクセス制御では、単純なファイルの読み書き権限の設定しかなく、一般ユーザーと管理ユーザーの区別も無かった。 また、伝統的なUNIX系OSでは、一般ユーザーとスーパーユーザーの2種類しかなく、ファイルの所有者、グループ、その他という比較的おおざっぱな区別しかされていなかった。 このため、管理上大きな問題が発生していた。 これに対して最近のセキュアなOSでは、スーパーユーザーに全ての権限を集中させることは危険であると考えられており、権限は、よりきめ細かく分類されることになった。 そして、ユーザー、対象、権限のそれぞれをきめ細かく指定して、最小限の属性の組み合わせをアクセス制御リストという形で与えることにより、安全性を確保している。 なお、アクセス制御リストの考え方は、オペレーティングシステム、データベースシステム、ネットワーク、アプリケーションなどの分野で用いられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]