編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アクティブスクリプト

用語の解説

アクティブスクリプトとは

(アクティブスクリプト)

 Microsoft社のWebブラウザ「Internet Explorer」に内蔵されているプログラム実行機能。

JavaScript(JScript)やVBScriptで書かれたスクリプトを実行できる。

 従来のWebページは、HTMLや画像で構成された印刷物のような静的な表現だったが、スクリプトを追加することにより、操作性や視覚的な効果を付け加えることができる。 マウスポインタがメニュー項目の上に来ると色が変わったり、フォームの入力値をチェックして警告を出すといった機能はアクティブスクリプティングを利用している。

 機能が豊富で利便性が高い分、悪用されて深刻な問題を引き起こす危険性も高い。 ローカルファイルやレジストリを読み込む機能などを悪用してパスワードやメールアドレスを盗むスクリプトや、コンピュータを使用不能な状態に追い込む不正なスクリプト(ブラウザクラッシャー)が次々登場し、問題となっている。 また、現在流通しているコンピュータウイルスの多くは、アクティブスクリプティングを悪用してMicrosoft社のメールソフト「Outlook Express」を通じて感染するようにできている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]